2012年03月17日

超軽量

 先日のてれまくりの際、会場には沢山のブースが出ていました。冬のアイテムに力を入れるアパレル系もいくつか…その中におなじみのモンベルがありました。私としては好きなブランドでは無く、できれば他を選びたい。そう思っているのですが実際はその性能と価格のバランスで一番使用率の高いブランドです。
この冬、ビーパルで発表されてずっと気にしていた新バーサライトについて聞いてみました。

「いつ出るんですか?」

「あ〜もう店頭に出てますよ」

お〜そうなんですか?
そのスペックは驚きの168g!フルジッパーのジャケットですよ!初代(220g)から比べても52g減(24%減)これは相当な数値ですよ。かなり大胆な変更ななされているんでしょうね。
豊科店には置いてあるとの事でしたので帰りに早速寄ってみました。

ジャケット

パンツ

第一印象 薄いです。透けてみえます。素材はバリスティックエアライト15デニール。
これだけ薄いとしなやか?と想像していましたが、どちらかと言えばパリパリした張りのある感じ。
この固さは張り付き防止を意図しているのでしょうか?
まだ入荷したばかりで勉強不足で・・と恐縮している店員の話では裏のコーティングの作りがこれまでと違って吹きつけているだとか?2.5レイヤーなので裏に張りつき防止のためのドットプリントがされています。
あと効果はほとんど望めないのでは?と思う脇後ろのベンチレーター。
パンツは軽量化のため裾のジッパーと前立ては無し100g切ってます。
何よりもうれしいのがその価格。
大体どのメーカーでも超軽量は大きなセールスポイント。ハイスペック、ハイエンドモデルとして強気な価格設定になる事が多いです。

いいのは判るんだけどね〜
買えない。

こういうのが多いです。しかしこの価格はすごいな〜

重量を気にするトレイルランナーには最適と思われます。
トレイルランナーって結構雨具を持たない人が多いですよね。ウインドブレーカーだけって人すごく多いです。私には信じられませんが?
(今日)天気いいから…
とか
今まで大丈夫だったから…
あと
重いでしょ?

なんてすごい理屈で持たない人が多いです。つらい思いをする前に!
そんな人全てに持って欲しいです。

と私はモンベルのまわし者ではありません。
打って変わってちょっと辛口の批評も。
これまで私は旧バーサライトを使っていました。
上下でカタログ値420g(モデルチェンジ後450g)当時完全防水では最軽量クラス。価格もお手頃。
で現在は二代目。雨具としての性能はこんな物かな?
透湿性は?トレラン的に使う私としては簡単に容量を越えるので効果は不明。普通に蒸れます。ドットプリントなんてあっても関係無し。普通に張りつきます。
以前買い換えた時は裏のポリウレタンコーティングがはがれてきたからなのですが、どうもこのポリウレタン系コーティングは初期性能の維持、耐久性に問題があるそうです。
軽くても生地の強度はまあまあ。かなり激しく使っていますが裂けてはいません。
現在パンツはピークシェルですがこのパンツは裂けました。自分で直して使っています。これは生地が12デニールの極薄素材を使っているのでそのせいかもしれません。3レイヤーで裏地が付いていても、生地そのものの強度としては弱いのでしょうか?でも裏地のおかげで張り付きはあまり無く使用感は良いですね。

しかしレインウエアとすれば過剰な軽量化はプラス効果ばかりでは無いと思うのです。背負う事に限ればメリットのみです。軽ければ軽いほど良い。しかし軽さをとった結果失われた物も大きいと思うのです。レインウエアである限り基本性能はしっかりとしていて欲しいのです。とりあえず雨具としては問題無いでしょう?快適かどうか?は置いておいて…私が気がかりなのは暖かさそして強度。最低限はクリアしていると思うのですが、あの薄さをみるとどうしても信用できないのです。山におけるレインウエアは最後の砦。たとえ雨の中予期せぬビバークになってもレインウエアがあれば一晩越せます。しかしペラペラのウエアで完全防水だからってこれをアルプスで使う?と思うとちょっといやですね。信用できない。
そして強度だって薄いのはどうしても強度落ちます。メーカーに聞けばそれなりの強度はあります。って言うけど30デニールと同じハズが無い。もし同じ強度があるなら厚くて、重いウエアの存在価値が無くなります。薄くて軽いウエアはどうしても弱いのです。
値段とのバランスになるので、二年もてばいい。と考えるなならばそれでも良いのでしょうか?
しかし私は・・・とりあえずいらないかな?レースだけに限定すればいいかもしれませんね。
ちなみに私は防水透湿性素材、シームシール有で100gのレインウエア?ありますがレースでしか使いません。これでアルプスはやっぱり信用できないのです。それに加えてレインウエア持つ位ならペラペラは無駄です。うん〜
誰か買って様子教えて?
やっぱり気になります。
posted by hiro at 22:25| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

サバイバルミラー

BIMGP4436.JPG

 先日のARで使ったサバイバルミラーについて書きます。

私が持っているのはA&Fで買ったこれ

「アルティメットサバイバル スターフラッシュ ミラー」

”サバイバル、遭難時の救援信号用に8km先へ反射光を送ることができる、無線信号に代わる重要な道具です。このスターシグナルミラーは、米空軍およびNASAスペースシャトルのサバイバルキットに採用されています。(U.S.A.)”

との事です。

理屈は良くわかりませんが、使い方です。
まず太陽の方向にミラーを向けます。するとそのミラーが受けた光は必ずどこかに反射します。その光が照らしている所を真ん中の穴から見ると強い光の点がみえます。その光の点が目的の場所にくる様に角度を調整します。
この光の点の所ではミラーが反射した光が見えるのです。
普通の鏡でも同じ事はできますが、明るい昼間だとその光が何処をい照らしているのか判りません。
たとえ一瞬判っても同じところへずっと光を送り続ける事はできません。

光軸がぴったり合っているのがいいのでしょうか?

真ん中のリフレクターが特殊?


・実際は8Kmよりももっと光を飛ばす事ができます。17Kmは確認済み。
・当然の事ながら太陽が出ていないと無理です。
・強い日差しである事も重要です。
・曇りだとまず無理(近い距離なら見える?)
・自分の居る所、光を飛ばしたい所が目視できなければ無理。
・太陽の光を反射させるので太陽の方向から左右60度位?でないと反射させられない。
・太陽の反対側は絶対に無理。


普段山での緊急時の連絡手段は今や携帯電話が主流。しかし圏外や電池切れなどの問題があります。こんなアナログなものもいざと言うとき役に立つかもしれません。私のレスキューバッグにはこれがいつも入っています。かなり真面目に役立つと思って入れています。
たった18g。
一口の水位の重さ。
もしもの時の保険にどうぞ。
posted by hiro at 22:32| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

退院


ここ最近どうも目が悪くて大掛かりな手術。

長い入院生活からやっと開放されました。

続きを読む
posted by hiro at 07:50| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

手帳

トレイルランニングやアドベンチャーレース、登山で使うお気に入りのギア(道具)達を紹介していきます。私の独断と偏見、思い込みで選んだ物ですが、どれもハードな使い方にも十分耐えてくれる優れものばかりです。

そこで第一弾は手帳(レベルブック)です。
ズルッ
なんじゃいそりゃ?トレイルランニング、アドベン…で使うものじゃ?

続きを読む
posted by hiro at 23:15| 長野 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

超軽量

 先日のてれまくりの際、会場には沢山のブースが出ていました。冬のアイテムに力を入れるアパレル系もいくつか…その中におなじみのモンベルがありました。私としては好きなブランドでは無く、できれば他を選びたい。そう思っているのですが実際はその性能と価格のバランスで一番使用率の高いブランドです。
この冬、ビーパルで発表されてずっと気にしていた新バーサライトについて聞いてみました。

「いつ出るんですか?」

「あ〜もう店頭に出てますよ」

お〜そうなんですか?
そのスペックは驚きの168g!フルジッパーのジャケットですよ!初代(220g)から比べても52g減(24%減)これは相当な数値ですよ。かなり大胆な変更ななされているんでしょうね。
豊科店には置いてあるとの事でしたので帰りに早速寄ってみました。

ジャケット

パンツ

第一印象 薄いです。透けてみえます。素材はバリスティックエアライト15デニール。
これだけ薄いとしなやか?と想像していましたが、どちらかと言えばパリパリした張りのある感じ。
この固さは張り付き防止を意図しているのでしょうか?
まだ入荷したばかりで勉強不足で・・と恐縮している店員の話では裏のコーティングの作りがこれまでと違って吹きつけているだとか?2.5レイヤーなので裏に張りつき防止のためのドットプリントがされています。
あと効果はほとんど望めないのでは?と思う脇後ろのベンチレーター。
パンツは軽量化のため裾のジッパーと前立ては無し100g切ってます。
何よりもうれしいのがその価格。
大体どのメーカーでも超軽量は大きなセールスポイント。ハイスペック、ハイエンドモデルとして強気な価格設定になる事が多いです。

いいのは判るんだけどね〜
買えない。

こういうのが多いです。しかしこの価格はすごいな〜

重量を気にするトレイルランナーには最適と思われます。
トレイルランナーって結構雨具を持たない人が多いですよね。ウインドブレーカーだけって人すごく多いです。私には信じられませんが?
(今日)天気いいから…
とか
今まで大丈夫だったから…
あと
重いでしょ?

なんてすごい理屈で持たない人が多いです。つらい思いをする前に!
そんな人全てに持って欲しいです。

と私はモンベルのまわし者ではありません。
打って変わってちょっと辛口の批評も。
これまで私は旧バーサライトを使っていました。
上下でカタログ値420g(モデルチェンジ後450g)当時完全防水では最軽量クラス。価格もお手頃。
で現在は二代目。雨具としての性能はこんな物かな?
透湿性は?トレラン的に使う私としては簡単に容量を越えるので効果は不明。普通に蒸れます。ドットプリントなんてあっても関係無し。普通に張りつきます。
以前買い換えた時は裏のポリウレタンコーティングがはがれてきたからなのですが、どうもこのポリウレタン系コーティングは初期性能の維持、耐久性に問題があるそうです。
軽くても生地の強度はまあまあ。かなり激しく使っていますが裂けてはいません。
現在パンツはピークシェルですがこのパンツは裂けました。自分で直して使っています。これは生地が12デニールの極薄素材を使っているのでそのせいかもしれません。3レイヤーで裏地が付いていても、生地そのものの強度としては弱いのでしょうか?でも裏地のおかげで張り付きはあまり無く使用感は良いですね。

しかしレインウエアとすれば過剰な軽量化はプラス効果ばかりでは無いと思うのです。背負う事に限ればメリットのみです。軽ければ軽いほど良い。しかし軽さをとった結果失われた物も大きいと思うのです。レインウエアである限り基本性能はしっかりとしていて欲しいのです。とりあえず雨具としては問題無いでしょう?快適かどうか?は置いておいて…私が気がかりなのは暖かさそして強度。最低限はクリアしていると思うのですが、あの薄さをみるとどうしても信用できないのです。山におけるレインウエアは最後の砦。たとえ雨の中予期せぬビバークになってもレインウエアがあれば一晩越せます。しかしペラペラのウエアで完全防水だからってこれをアルプスで使う?と思うとちょっといやですね。信用できない。
そして強度だって薄いのはどうしても強度落ちます。メーカーに聞けばそれなりの強度はあります。って言うけど30デニールと同じハズが無い。もし同じ強度があるなら厚くて、重いウエアの存在価値が無くなります。薄くて軽いウエアはどうしても弱いのです。
値段とのバランスになるので、二年もてばいい。と考えるなならばそれでも良いのでしょうか?
しかし私は・・・とりあえずいらないかな?レースだけに限定すればいいかもしれませんね。
ちなみに私は防水透湿性素材、シームシール有で100gのレインウエア?ありますがレースでしか使いません。これでアルプスはやっぱり信用できないのです。それに加えてレインウエア持つ位ならペラペラは無駄です。うん〜
誰か買って様子教えて?
やっぱり気になります。
posted by hiro at 22:25| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

サバイバルミラー

BIMGP4436.JPG

 先日のARで使ったサバイバルミラーについて書きます。

私が持っているのはA&Fで買ったこれ

「アルティメットサバイバル スターフラッシュ ミラー」

”サバイバル、遭難時の救援信号用に8km先へ反射光を送ることができる、無線信号に代わる重要な道具です。このスターシグナルミラーは、米空軍およびNASAスペースシャトルのサバイバルキットに採用されています。(U.S.A.)”

との事です。

理屈は良くわかりませんが、使い方です。
まず太陽の方向にミラーを向けます。するとそのミラーが受けた光は必ずどこかに反射します。その光が照らしている所を真ん中の穴から見ると強い光の点がみえます。その光の点が目的の場所にくる様に角度を調整します。
この光の点の所ではミラーが反射した光が見えるのです。
普通の鏡でも同じ事はできますが、明るい昼間だとその光が何処をい照らしているのか判りません。
たとえ一瞬判っても同じところへずっと光を送り続ける事はできません。

光軸がぴったり合っているのがいいのでしょうか?

真ん中のリフレクターが特殊?


・実際は8Kmよりももっと光を飛ばす事ができます。17Kmは確認済み。
・当然の事ながら太陽が出ていないと無理です。
・強い日差しである事も重要です。
・曇りだとまず無理(近い距離なら見える?)
・自分の居る所、光を飛ばしたい所が目視できなければ無理。
・太陽の光を反射させるので太陽の方向から左右60度位?でないと反射させられない。
・太陽の反対側は絶対に無理。


普段山での緊急時の連絡手段は今や携帯電話が主流。しかし圏外や電池切れなどの問題があります。こんなアナログなものもいざと言うとき役に立つかもしれません。私のレスキューバッグにはこれがいつも入っています。かなり真面目に役立つと思って入れています。
たった18g。
一口の水位の重さ。
もしもの時の保険にどうぞ。
posted by hiro at 22:32| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

退院


ここ最近どうも目が悪くて大掛かりな手術。

長い入院生活からやっと開放されました。

続きを読む
posted by hiro at 07:50| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

手帳

トレイルランニングやアドベンチャーレース、登山で使うお気に入りのギア(道具)達を紹介していきます。私の独断と偏見、思い込みで選んだ物ですが、どれもハードな使い方にも十分耐えてくれる優れものばかりです。

そこで第一弾は手帳(レベルブック)です。
ズルッ
なんじゃいそりゃ?トレイルランニング、アドベン…で使うものじゃ?

続きを読む
posted by hiro at 23:15| 長野 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。