2012年09月20日

信越五岳

完全に放置でした・・・ 

 信越五岳走ってきました。素晴らしいレースでした。石川氏のレースは初めてでしたが、随所に細かな気配りが感じられました。あれだけの距離であのトレイル率はすごいです。斑尾側から妙高側へ移る所なんか里を走るのでここは舗装路でしょ?と思いきやここもトレイルってのは素晴らしい。まあトレイルとは言え林道的な箇所が多いので私的に好きか嫌いか?と言われれば嫌いなコースです。しかしトレランレースのコースとして素晴らしい事は間違い無いです。
スタッフ数も適正、演出、運営、構成などパーフェクトでは無いでしょうか?欲を言えば前後泊が必要なのは仕方無いとしても、参加費はもう少し安くならないですかね〜トータルだと大変な事になります。

私のレースとしては全くダメでした。3A(38.5Km)地点で私のレースは終わっていましたね。その後の関川沿いがほとんど走れませんでした。
あとは惰性で完走しただけって感じでした。
今回腰をやってしまいました。特に下りがダメです。走るとその衝撃がガッツンガッツン響きます。足が終わっているうえに腰をやられた状態なので登りも下りもダメでいい所無しです。
あと後半眠くてスタッフ待機場所で何回横になって寝たのか・・・

ダメだった理由は暑さにやられたとかTJARの影響?なんて言われましたがどっちでも無いかな〜と思います。
水は十分摂っていたし、オーバーヒート感もそれ程無かった。アルプスに行ったって以前と変わらないペースでいけるのでTJARの影響は感じられません。
まあ基本的な走る力が無かったって事でしょうか?
今回の結果はちょっとショック
posted by hiro at 23:04| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

DoCoMo山岳地帯のエリアマップ

 昨年よりその存在は聞いていましたが、どこでその詳しい情報が手に入るのか?山岳関係者に聞いても私のネットワークでは辿り着けなかったDoCoMo山岳地帯エリアマップ!ちょっと前の山渓にも情報が載ってましたがわからず・・・
ここにきて関係者よりその地図(ポスター)を手に入れる事ができました!!
北アルプス、中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳、乗鞍、御岳。サイトの作りは登山ガイド的ですがこれはれっきとしたDoCoMoのサイト。主目的はフォーマのエリア表示にあります。
長野県内の主要なエリアはほぼ網羅しています。これはTJAR向けに非常に嬉しい情報です。しかしスキャンして絵をそのままネット上で公開は問題ありだと思うので、サイトのアドレスを公開します。これは山小屋に張り出してあった情報なので問題無いでしょう

http://nagano.docomo-de.net/area/sp/m0/index.html

これはスマホ用サイト。ピンチアウト、ピンチオープンって言われてもマウスじゃ出来ません!!

http://nagano.docomo-de.net/area/i/m0/

これはiモード用

紙地図と少し比べてみましたがネット上の方が少しエリアが広くなってます。紙地図のデータは2009年8月〜2011年11月の調査結果とあるのでそれ以降のデータが反映されているのでしょうか?

惜しいのはアンテナの位置とアンテナの方向が無い点。これが判っているとデータが無い場所であっても現地でアンテナ方向が見える場所なら通話可能だとか、尾根の向こうとこっちどちらが電波状態がいいのかが判断し易いです。尾根をはさんでいると数mの差で圏外か圏内かの分かれ目になります。その位置関係が判っていると圏外であってもピンポイントで圏内を探し出せたり、その逆もあったりなんですよね。
携帯各社アンテナの位置って絶対に公開しないので想像するしかありません。でも山岳エリアのアンテナの位置って地形みたり、アンテナ保守のため車のアクセス状況を考えるとかなりの精度で特定できるんですけどね。
でも事前に知っておくと絶対に違います。

さて自分の地図に書き写さなきゃ。
posted by hiro at 23:37| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

トレイルおいかけっこ



先日、安曇野の光城山へ登ったのですがそこでの走り。
これはお互いかなり楽しい。
このカウントされるのがたまらないらしい。「いち。にい・・・」となると即座に反応するのが面白い。
欠点は走りが1分しか持たない事。
カウントしないと走りださない。
これを克服すれば?
posted by hiro at 06:02| 長野 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

2人もゴール

ハラハラしながら見守ったトルデジアン。知り合いのお二人も無事ゴールできました。休憩ポイントはしっかり確保されているとはいえきつかったでしょうね。でも多くの声援は力になったはずです。最後はきっと眠気との戦いだったと思います。とにかくお疲れ様でした。

こんな環境ででレースができる体制というか地域の力というかお役所、山小屋・・・非常にうらやましいです。日本で同じ事できるか?と言ったら?無理ですね〜とてもできると思いません。

とにかく話が聞いてみたいです。

しかしトップが失格ですか?最後でショートカット?
50mおきにあると言われるフラッグが無くなっても?
そんな事あるんでしょうか?
ちょっと後味が悪いですね。

私はこの3連休土曜日が運動会で残りは仕事…
毎週休出でも全然終わりません!!
でも次の連休は山行きますよ!
posted by hiro at 22:06| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

ゴ〜ル

おめでとうございます。
望月さんやりましたね。

堂々の総合14位 100:02:27
クラスでは4位
(彼より速い女性がいるのにびっくり)
素晴らしい成果です。

これだけ長いと2日目以降の体の変化、疲労、そして精神的な変化に戸惑います。
よく似た経験があればいいのですが、そんなレースは多くありません。
多くの選手はその変化に対応できずに後半にぐっと落ち込みます。
彼には昨年の経験がきっと生きているはずです。決して楽ではなかったでしょうが、その変化を予見出来たことは大きかったと思います。後半の追い上げは見事です。

まずはしっかり寝て下さい。そしてその経験談をぜひ聞きたいです。

お疲れ様でした。



まだまだみなさん走っています。

間瀬 146位 あと75Km ちょっときついかな?ここは踏ん張り所、明日の夜にゴール?
S田  259位 あと95Km 今はValtourで睡眠中?どんどん上がってきてます。
posted by hiro at 23:17| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

途中経過2

やっぱりすごい。
こっちで私達が寝たり食べたり仕事している間ずっとレースをしている。
すごいよ。
きっと体調の浮き沈み、眠気なんかで順位も入れ替わるけど、食べて飲んでさえいればきっと完走できます。くれぐれも周りのペースに惑わされない様に!
リアルタイムに判るのは臨場感あって良いです。

現時点で
望月 27位 もう186Km走ってます。順位は落ち着いているから良い感じですね。
間瀬 130位 161Km ちょっと盛り返してきました。もうすぐ半分!
S田  356位 129Km このペースを守れば完走できます。じっくり行きましょう。

トップは 247Km 明日の夕方ゴールかな?
posted by hiro at 23:55| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

途中経過



いや〜すごいですね〜
昨日の夕方(日本の)にスタートしてまだずっとレース中ですからね〜
仕事中も気なって仕方ありません。
注目の望月さん現在23位。まだ1/3が終わったところ、まだ力を出し切ってはいけませんよ。

ビデオ見て下さい。いいですね〜遠くに氷河が見えて、草原で、馬と一緒に走れて…
あ〜楽しそうだ。

3分17秒辺りと4分14秒辺りに間瀬さんしっかり映ってますね。
トップページの下の方12/09の中で望月さん何枚か映ってます。
かっこいい〜

全ての日本選手それいけ〜
posted by hiro at 23:05| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

もうすぐTDG

TDG(Tor des Géants )日本語読みだと「トルデジアン」
私が今一番興味のあるレース。
なんと驚きの

距離   330Km
標高差 24000m
制限時間 150時間

これがフルサポート!
50mおきのフラッグ(これで迷わない!)
全ての山小屋はフリーで使用可
いくつかのレスキューポイントにエイドステーション
シャワーなんかもある。

これだけ長いと睡眠無しでは無理ですし、ペースもぐっと落ちるでしょうが感覚的にはUTMBの延長といったところでしょうか?この内容を見ればTJARと比べてしまいますが、全く趣は違うでしょうね。
至れり尽くせりのサポートがあるTDG
ほとんどサポートの無いTJAR
似た様なレースに見えますが運営的には対極にあるような感じです。
確実に食糧、水が受け取れる、24時間対応OK、テント、シュラフはいらない、救急体制あり、
これだけで相当荷物が減らせますし、精神的な安心感も生まれます。

TDG
走る事に専念できるトレランの長いレース

TJAR
生活の事も考えながら走る登山マラソンの長いレース

と言ったらいいでしょうか?

しかしこの内容にはそそられますね。これ絶対に楽しいと思います。
なんでもロード区間は極めて少なく、ほとんどが登山道だとか?その代わりに標高の振幅がすごく激しいらしいですが?
いや〜絶対にいいな〜
これ絶対に面白い

しかし・・・
150時間(6日と6時間)って事はレース前の移動(長野からの移動も含んで)2日?事前準備で最低2日は現地で欲しい。レース後も少し時間を・・なんていってると?約2週間!うん〜これだけの休みをこの時期に取るのは・・・・

まず無理!

永遠に憧れのレースになりそうです。(泣

そうそうTJAR参加選手からも望月、間瀬の2人がチャレンジします。レースの組み立て、ペースなど大分違うと思いますが、あの距離、あの時間を経験しているのは、大きなアドバンテージになっているはずです。あの2人ならばきっといい所見せてくれると思います。
*2人と思って名簿見ていたら、なんともう一人S田さんがいました。
どうも最終リストを見ると日本人は13人エントリー1人DNS?

スタートは11日10:00{日本時間で11日17時〜(サマータイム時期だからこれでいいのかな?)}
昨年の優勝タイムが80時間26分23秒だそうです。トップクラスでも前後の差が相当あるみたいです。

それいけ〜

posted by hiro at 00:48| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

復帰第二弾(その三)

 今回はビバーク要件を満たすためにツエルト&シュラフカバー・・・ツエルトはいいとしてもカバーではやっぱり寒いのです。かなり寝不足だったのでほとんどの時間眠っていられましたが、時折レインウエアの蒸れと足の冷えで目を覚ます事が数回。まあこのスタイルは8月中まででしょうね。
束村さん一行は4時前に出ていったはずです。私はゆっくり。今日は百間洞山の家の往復です。およそ16時間コース。
5:23聖平小屋発。夜中は星が見えていましたが今日も微妙な天気。基本曇りです。
6:45前聖岳この辺りの主要ピークはドコモの携帯OK
山の中では基本的に携帯の電源切っています。これ山の常識。でもスマホは一旦電源落とす再びボタン押しても起動にすごく時間がかかります。1分以上は絶対にかかっています。しかも携帯の電波を拾って安定するのにさらに30~60秒。もっとかかる?結構これストレス。待ちきれなくて放っておくとスリープに入ってるし!
展望きかないので黙々と下をみて歩くだけ・・・
兎岳の避難小屋はきれいになっていました。外観は前と変わっていないと思いますが、中がきれいになっていました。これなら水しっかり持ち込んで泊まってみてもいいかも?前はトイレがあった気がしたけど?無くなっていました。

これ兎岳北側の水場の矢印。このスプレーの仕方センスありません。ほぼルート上にあってあまりにはっきり矢印があるのでこれ迷い込む人絶対にいますよ。しかも肝心な「水」の字が薄い。
地形的には判りやすい所にあるので、こういった水場への表示は判る人だけがちょっと踏み込むとペンキが見つかる。こうあるべきと思います。聖の南側も水場もそう。「水」と書いてありながら危険だから入るな!って感じ。登山者をどう導きたいのかわかりません。やっぱりセンス無い。

BIMGP4640.JPG

9:30百間洞山の家。今回は食料はあるので買い足しはほとんど無し。ここでも小屋のご主人にご挨拶。話をしていてわかりましたが自宅は隣町のようです。そういえば以前もあ〜伊那の人だな〜と思って話をしました。9:58発
山はほとんど見えないので歩く歩く。それしかない。登りはいいペースで行っていますが、下りはどうもうまく下れないので軽く跳ねてみる程度です。
しかし、先日の唐松の時に比べて今回ははるかに楽です。今回の方がペースは全然速いです。半分以下で移動しています。しかし体への負担はかなり少ないです。疲労に直結しているのは荷物の重さですね。きちんと計っていませんが恐らく今回の倍はありました。しかしスピードは倍以上かかっています。エネルギー収支的にどうかわかりませんが、明らかに今回が楽。考え方変えれば普段はあえて重い荷物を持って山に入る。これはすごくいいトレーニングになりそうです。実際レースでも無い限り重さは全く考えずに荷物を持って山に入っていましたが、これは練習として非常に有効。これを強く感じました。

13:42聖平小屋着。十分に便ヶ島へ下ってしまえる時間なのですが、もう一泊はツエルトで寝ておきたいのです。とりあえずビール飲みますが寒い・・・今回は着る物はぎりぎりです。外で寛ぐほどはありません。本格的に寝るには早いのですが居る所無いので・・・仕方無く昼寝。
ご飯作って18:00前には寝てしまいます。

BIMGP4662.JPG

5:17聖平小屋発。今日はさっさと下って風呂に入りたいです。あと家でもやっておきたい事が沢山。
西沢渡では籠の渡しが新しくなっていました。この位の水量だと下の木橋を通ります。

BIMGP4672.JPG

7:18便ヶ島(たよりがしま)着
7:45位?易老渡。時間取り忘れました。どうも入りたかったお風呂「かぐらの湯」は10:00からの模様。あの長い山道を行っても1時間もあれば着いてしまいます。って事は1時間の待ち?
この時間がもったいなくて駒ヶ根まで戻ってお風呂としました。あれ??

これは下栗の集落
BIMGP4680.JPG

骨折の方はともかく、心肺機能的にはもう完全に戻ったといっていいでしょう。十分に楽しめました。これから仕事は忙しくなってきますが、もう少し山に行っておきたいですね。
posted by hiro at 23:24| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

復帰第二弾(その二)

 光から北上コースはそれほど起伏も無く坦々と進みます。
イザルヶ岳や仁田岳は前に行ったのでパス。天気よければ時間はあるので行ってもよかったのですが、この展望じゃあね〜

BIMGP4592.JPG

茶臼岳は11:08着ここから畑薙ダムが見えるんですね〜意外と近く感じましたが?実際は結構遠いんです。ちょっと下って茶臼小屋への分岐です。挨拶回りのため一旦横窪沢小屋まで下って再び茶臼小屋へ戻ってテン場でキャンプの予定です。余裕があれば聖平までですが、まあ今晩はここまででしょう。
ここから北は携帯電話のエリア調査もしていく予定です。前回のTJARでは南アで音信不通の人が何人もいてかなり心配しました。茶臼の分岐ではメール、電話はOK。自分のブログは?とつないでみると?
うん〜重い!一応少しずつ・・・
つながりつつありますが・・・
これじゃ使えません。画像なんて絶対に無理です。
そうそう今使っている携帯はスマホです。よってネットのブラウズはPCと一緒の絵です。通信環境がベストでないと読み込みはやっぱり重いです。きっとiモードだったら大丈夫だと思います。(昨年南ア南部でストレス無くいけました)
あ〜重い重い・・・なんてチコチコ携帯いじっている中、ふと茶臼小屋方面を見ると?女性が一人登ってきます。パッと見てすぐトレイルランナーと判りました。登りと言えどもそのスピード、身のこなし遠目にもすぐ判ります。
でも一人で?
南アの稜線を?
南アのこの辺りを女性一人でトレランする人ってかなりの人です。
そうはいません。
きっと知っている人。
誰?
しかし!
私がよく知っている人に似ている。
すごく。
でも偶然こんな所で会う筈が・・・
どんどん近づいてくる・・・


あ〜
やっぱり「間瀬さん!」

BIMGP4595.JPG

お互い「何やってんの?」
前会ったのって何時だっけ?かなり久しぶり。
どうも家族で来ているそうです。5分後ファミリー登場。
子供がすごく大きくなっていてびっくり。
どうもこれから彼女だけ聖平小屋へ行くそうです。そして明日畑薙へ下る予定とか?
お〜それなら横窪沢小屋へ挨拶してきてよ!と書類を託しました。
ラッキー!登り返さずに済みました。そうなると今日は聖平まで楽勝ですね。
茶臼小屋はすぐなので私が行く事に。彼女とは一旦そこでさよなら。どこかですれ違うはずです。
茶臼小屋ではTJAR関係者と知ると大歓迎。じっくりとお話させてもらいました。ご主人の思いに圧倒されます。この夏だけでも結構皆さんこの辺り走っているんですね。知っている名前を何人も聞きました。
この小屋は私自身何回もお世話になっているので、個人的にお礼に伺わねばとずっと思っていました。やっと叶いました。
*茶臼小屋がドコモOKになったそうです。静岡側で通じるのは驚きですね〜

今日の天気は微妙。基本的に曇りですが時折ガスが抜けて日も差してくる。しかしすぐにガス。
雨が降らないだけいいですが、展望はほとんど望めません。

TJARではこの辺りは毎回睡眠不足で通過するので幻覚が激しいのです。昨年もここですごく苦労しました。何回往復したか?そこで道がどうなっているのか?地形はどうなっているのか?それを確認したかったのもあります。でも歩いてみればいたって普通の道。どこで迷ったのか?
上河内岳も展望が無いので分岐は素通り。南岳の下りで再び間瀬さん登場。どうも聖平小屋に私達が知っている人がいるらしいです。でも教えてくれません。共通の知り合いっていえばトレイルランナー?アドベンチャーレーサー?ここだったら中京の人?関東?
あ〜気になるじゃないか!誰だ?
その後はずっとそれを考えて進みます。
14:29聖平小屋着。
その誰かは・・・
束村さんにかあさんあとお二人(すいません名前聞いてなかったです)アドベンチャー系でしたか?
椹島から入って荒川を経てここまで来たそうです。私はとりあえずツエルトを張っておきたいので
また後で・・・
ここのキャンプ場は広いので条件はかなり良いですね。時間かけてビシッと張ってみました。今回いくつかの改良点があるのですがなかなか良さそうです。
ツエルト泊だと一旦張ったらご飯食べて寝るだけですが今回は良かったです。話相手ができました。
トレラン、アドベンチャーレース、TJARなどなど・・・ビールが進みます。
食事の時間になりますので・・・を聞いて自分達のテントへ行きます。皆にツエルトのチェックを受けます。張るのに時間かかりすぎじゃない?なんて言われましたがなかなかこれきれいに張るの難しいんですよ。雨がパラパラ来たのでこれで退散。かなり寝不足なのでご飯食べて爆睡です。
posted by hiro at 22:12| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

復帰第二弾(その一)

BIMGP4574.JPG

 恐る恐る行ってみた唐松岳。ペースが遅いとはいえ全く問題ありませんでした。
うん〜これなら様子見ながら少しはトレランできる?
そういえば来年のTJARのための挨拶回りついでに、南ア南部行ってみようか?
と急遽思い立ち15~17日二泊の予定で行ってきたのでした。
ビバーク二回をクリアするためでもあります。

14日夜は安協のお仕事だったのでそれから準備。久々の泊まりを含むトレランなので装備に抜けがありそうで怖い・・・大慌てで計画書作って家を出たのが0:00!!
遅!!
飯田まで高速使って易老渡(いろうど)へ着いたのが2:30そのまま車中泊。今度の車は後ろが完全にフラットになるのですごく快適・簡単。4:00起床。
眠い・・・
4:47易老渡の橋より入山。まずは「普通にトレラン的」に登ってどの位で行けるか?です。これでとりあえず様子をみたいのです。呼吸(肺)に注意しながらです。
5:35面平。2時間のところ48分と言う事は?ちょうど40%あ〜よかった。全然走っていないので体力的にはかなり落ちていると思いますが、それでこの位で行ければ十分です。あとは無理せずイーブンをBIMGP4580.JPG心がけます。易老岳より光岳はピストンです。光岳の小屋をみて驚きました。私の記憶とは全然違っていました。聞けば13年前に建て替えたのだとか?思い返せば前に来たのがもう20年位前。そりゃ変わっていてもおかしく無い。昔はテン場の前にあったはず。
光岳といえばその時の苦い思い出が蘇ります。
およそ20年前の夏山。自転車仲間3人と南ア南部の縦走を計画したのでした。その3人、バカみたいに体力のある人達でした。一人は易老渡〜光〜聖〜便ヶ島で帰宅。私ともう一人はさらに聖から北上して三伏の鳥倉林道まで抜ける予定でした。鳥倉林道に車をデポして易老渡から入山。第一日目は光小屋でテント泊。気持ちいいテン場でさ〜てテント張るか!と広げ始めると・・・

うん?

ん!!

んんん!!!!

ポールが無い!!
テントは私の担当。
家を出る時は確かにザックの脇に差したはず。
どこかに落とした?
記憶を辿ってみます。歩いているとき、休憩の時の印象は全く無い。
どこ?いつから?
呆然としているとN君がポールって緑の袋です?と、きました。
「そう!」
「あれ、車(トランク)にありましたよ」

うっなぜそれを知っていて言わない!!
思わず言いそうになりましたが、簡単に落ちる様な付け方するのが悪い。それに気付かない私が悪い!人を責められません!っていうかそれ全部私の責任じゃん!
「ごめん」
そのテントを再び畳む時の空しさと言ったら・・・
そして予定外の小屋泊まりとなったのです。そして予定外の出費。その後2泊する予定なのにテントが無理だと全部小屋泊まり。そんなにお金持ってきていません。
仕方無く便ヶ島へ下山。さらにデポした車を再び回収に・・・
辛かったです。
昔の苦い思い出。

脱線しました。

復帰第二弾はまだ続く・・・
posted by hiro at 23:23| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

トレイルランナーにできる事

 まだまだ、地震関連のニュースは現在進行形で毎日報道されています。事があまりに大きすぎて本当の区切りというのはまだまだ時間がかかります。長いスパンで意識を向ける事、継続的な援助が求められていると思います。

 そんな影響で春のスポーツイベントは軒並み中止、延期となっています。春の予定はがら空きになって、充たされない思いのランナーも多いと思います。そこで、こんなイベントの情報をもらいました。

「武田の森 RUN&WALK」

山梨県の「エルク」主催です。

走る(歩く)距離によってエイド料金を払っていき、
これが義援金として被災地に届けられるというチャリティイベントです。

 有名どころでは石川氏はもちろんとして相馬、山本(以上、山岳耐久レース覇者)加藤(ハセツネ30K覇者)などの参加も予定されているとか?
普段トレランイベント=レースなんてイメージがありますが、こんなゆったりイベントも良いと思います。
走る事が義援金になっていく!
トレイルランナーにできる事。
走る事への動機付けにどうですか?
*これはレースではありません勘違い無き様。

その日私はしっかりと仕事・・・
posted by hiro at 11:57| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

UTMF

関係者からの情報ですが、本日正式な発表があるとか?
かなり調整に苦労した様子ですが、一体どんなコースになったのでしょうか?

早く詳細が知りたいです。


/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*


先程自宅に帰って確認しました!

公式HP

現時点ではここが一番詳しい?

trailrunner.jp


いよいよですね〜
まだまだ不完全な状態ですが、これで公になりました。とりあえず参加資格は満たしているのでこれは・・・

これまで全く公式発表といったものが無く本当にやる(出来る)んだろうか?
とやきもきしておりました。

恐らく調整も完全にできていないのに見切り発車で公式発表

なしくずし的な調整

関係機関にしこりがあるままの開催

大会終了後クレーム

次回開催不可能

これを避けたかったためと思われます。
きっと以前の教訓があるのでしょう?

別の関係者からは全ての問題解決と理解が得られ、オールクリアになってから発表になる。と聞いてはいましたが「晴れて発表!」ですね



なんでも一部私有地を含んでいるので5キロ程は試走できないとか?
王滝も160Kmになると聞いていますが、林道ベースでは魅力を感じません。
やっぱりこのUTMFがどんな内容になるかが気になります!!

しかし2月2日発表で5日受付開始ですか・・・
どんなコースかも発表されていないのに・・・
検討の時間なんて・・・
まあ考える事無しにエントリー?

うん?

しかし5日、6日は仕事・・・

どうするよ?

ノート持ち込んでクリック合戦?

まあ山耐みたいな事は無いんだろうけど

posted by hiro at 13:41| 長野 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

山耐2010

遅くなりました!

走ったならばこれについては書かねばなりません。

え〜今年はレースにはほとんど出ていませんでした。TJARが終わってからも速く走るための練習といったものは全然しておらず、楽しく山を走る事ができればいい
こんな感じでいました。とは言えこのレースだけはいい結果を出したい!そういう気持ちもあります。
でもやっぱりそのための練習と言うと全然気が乗らないのです。
そんな事で臨んだこのレース。続きを読む
posted by hiro at 06:00| 長野 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

週末

BIMGP3892.jpg

 この週末ですが土曜日は子供の運動会でした。私は三役なので仕事が多く大変でした。ずっと仕事に追い立てられて休む間が無かったです。昼頃に終わりましたが、ちょっとお昼寝して夕方から先生・理事で慰労会です。
私が幹事!あ〜めんどくさ〜職場や仲間内での飲み会ならば志向や雰囲気も読めますが、こんな集まりは難しいですね。お店選びやペースが予想つきません。一次会で済ませればよかったのに最後まで付き合うから…帰宅は午前様。
日曜日は一日山に行くつもりでしたがそんな事で起きられず。起きたのが5:30!眠くて今日は止めておこうか?と一瞬思いましたが雲一つ無い中アの稜線を見て思い直します。
さてどこに行くか…
中アは身近すぎて退屈だし南はあまりに遅く応用がきかないので八ヶ岳にしておきました。時間も遅いし稜線を楽しみたかったらその辺りしかありません。
何のひねりも目新しさも無い美濃戸口〜行者小屋〜赤岳〜硫黄岳〜赤岳鉱泉〜美濃戸口です。
8:10〜13:50カリカリせず普通に行ってこの時間

BIMGP3888.jpg

BIMGP3894.jpg

BIMGP3897.jpg
もう風は冷たいので長袖アンダーにタイツは必要です。晴れていてこれで丁度良いですね。上は霜柱がありました。
人はまあまあいましたが夏山と秋山の端境期なのか週末の割りには少なめです。
もうすっかり秋の空気でくっきり山が見えます。
八ヶ岳の紅葉はダケカンバが多いので黄色で地味です。もう始まっています。
これ位の人出なら走ってもいい?かな?そこそこ走れました。
スタートが早ければ半日コースで行けますね。

やっぱ山は稜線からの眺めあってこそですね〜

終わったらその足で仕事(泣)

しかしながら山耐も近いのに一向にモチベーションが上がってこないのは弱ったものです。
posted by hiro at 22:41| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

またまた空木岳

BIMGP3794.jpg

 連休中日はchinさんのお誘いで空木岳へ行ってきました。当初は予定があったのでお断りしていたのですが、急遽予定が空いたのでご一緒する事としました。
メンバーはchinさんKENOさんそして私。

今回は林道終点から空木岳〜南駒ヶ岳〜越百山の往復です。およそ20時間コース!
決して楽なコースではありませんがある程度トレランやっている人ならば日帰り可能なコースです。
私は地理的には近いコースなのですが空木岳以南はピストンか中小川へ下るしか無いので、なかなか行く気にはなれずにいました。こんなお誘いはいい機会です。
続きを読む
posted by hiro at 23:17| 長野 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

今朝はここ

朝練で走ってきました。

BIMGP3770.jpg
posted by hiro at 07:59| 長野 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

空木岳

BIMGP3764.jpg

 うん〜この所私の住む町は物騒です。少し前では通勤路沿いで郵便局強盗があったし、昨日は変死?(どうも殺人らしい)事件がありました。これもそれ程へんぴな所では無いのでたまに通る道です。
大体被害者は年も近いし住んでいる所も近い。もしや中学校の先輩か?
いやだいやだ。

本日は私の定番コース空木岳に行ってきました。昨日はすごくいい天気でしたが今日は微妙…下界は晴れていますが上は雲の中登るうちになんとか?
で出発。当日朝の思いつきなので遅め。駒ヶ根高原で地元の人が車停めるならここ!(無料です)の駐車場へTJRAで応援に来てくれたsugiさんの車がありました。身支度しているとsugiさん登場!
岐阜の仲間と沢に入るつもりだったけど雨が降ってきたので取りやめだとか?
え〜今日なんて全然行けるのに?

今降ってないよ?今日はそんなに崩れないよ?と思いましたが彼らの判断です。
なんだかもったいない?

7:09分にスタートとなりました。(遅!)先日の台風が来てから空気が変わりましたね。
気温は上がっても乾燥しています。走るにはいい時期ですね。

BIMGP3750.jpg

メール送ったり、靴ひも結び直したり、ハイドレーションの水漏れ直したりでなかなか集中して登れません。加えて日曜なので下ってくるパーティが多いですね。この待機時間も多し…
今年のTJARは空木岳の下りで登山道が6月に崩壊したためにコース変更となりました。
お盆中に道の修復が終わったとの事でそこも見ておきたかったのです。

崩落箇所は小地獄。昔あった尾根通しのルート復活ですね。足場用階段に鎖でまあ普通に歩けました。


森林限界超えると若干の雲に風。濡れたウエアにはつらい所です。
長袖アンダー着ました。この山の一番おいしいところがこの森林限界超えてから頂上までです。白い花崗岩の砂で非常に気持ち良いのです。
特に下りが最高にいいのです。視界は良く無いですがその雰囲気は味わえます。
空木岳10:40遅い!
30分程滞在
様子みて南駒も?と思いましたがガスっているのでパス。(弱・・)



そのうち雲が引いて?
お〜我が家が見えるか?あの雲の切れ間にある筈です。
視力1.5では無理でした。

BIMGP3761.jpg

11:09出発!
目標は1時間40分でバスターミナル。
ムキにならぬ様、話かけられたらしっかりお話する様に、で12:55おおむね良いでしょう。
こまくさの湯に入って帰りました。
ほんとは光、茶臼、上河内岳行きたかったのですが…
またですね。
posted by hiro at 21:56| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

さえない週末

この週末はなんとしてもアルプスで長いのを!と南アを予定しましたが。体調不良にてほんの入り口であえなく終了。

話は一週間前に戻ります。
16日(金)出張で町田市に泊っていましたが夕方からなんだかお腹が変?で急に下痢。なんだろうと思っていましたが軽く仕事済ませて外に出ると、ますます気分が悪くなってきました。
頭痛、吐き気、強烈な腹痛。なんとか近くのコンビニまで行きましたが、辛くて立っていられません。
うわ〜なんだこれ…
食中毒?その後はホテルの部屋で七転八倒、悶絶の苦しみでした。周期的に来る痛みの波に耐えベッドの上で丸くなるしかありません。
本気で救急車呼ぼうと思いましたよ。
そんな事で19時位から痛みが治まるまで6時間位かかりました。
辛かったです。
その下痢、下腹部の違和感がずっと続いていました。一週間も経てばいい加減治るだろ?と思って計画した南アでしたがダメでしたね。
ペースは速くは無い筈なのですがいきなり足が重い。エネルギー吸収できていないでしょうから当然なのでしょうが全然ダメ。
結局コースタイムからすれば40%位でしたがこれ、コースタイムがおかしいです。今のペースだったら50%以上かかっています。
塩川〜三伏まで4時間〜4時間15分位が妥当じゃないですか?
今回は特に長いのでこれにて終了としました。
塩見往復でもよかったのですが気が全然乗らなかったのでこれで良いのです。

翌日朝7時30分には家に着きました。
塩川(手前2Km)まで1時間ちょっとで到達できる事を発見。意外と近いですね。

翌日早朝中アの権現山。笹が生い茂りかなり濡れますね。
午前中は野暮用で埋まっていたので午後から中ア駒ケ岳へ。しかし黒川林道を登り始めるものの、激しい雷と雨&ひょうで退散…
いいところ無いです。
posted by hiro at 22:33| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

今年も開催!

BIMGP1767.JPG

肝心な所で告知しておりませんでした・・・

今年もやりますよ。霧ヶ峰トレイルランニングツアー今回で5回目になります。例年よりも開催日を少し遅らせました。より緑が濃く、レンゲツツジも見頃になっていると思います。

BIMGP1803.JPG BIMGP1855.JPG
トレイルランを始めてみたいけれどどんな所に行けばいいのか判らない。いざ山に行ってみたけれど大変だった。どう走っていいのか判らない。疲れた。などなど・・・
最近大きな高まりを見せているトレイルランですが、まだまだこれからのスポーツ。クリアになっていない面がすごく多い。走り方、装備、マナー。ロードでの走りとは似ているようでかなり違う。登山的ではあるけれどそれとも違う。
とにかくなだらかな丘で広々したロケーション。この爽やかな高原でトレイルランを感じましょう!

今年も講師としてVASQUEのサポート選手があたります。

【掲載】
トレイルランニングマガジン(タカタッタNO,5)
ランナーズ5月号
runnet trail

posted by hiro at 05:37| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

VASQUE CUP

やっと詳細が発表されましたね。

VASQUE CUP

結構前に話は聞いていましたがやっと出ました!

レースオンリーでは無くてとトレランとその他のアウトドアライフをミックスしたイベントなので、しっかり楽しむにはホテルや旅館じゃなくてキャンプで楽しむのが絶対に良さそうです。走らない家族を連れて行っても楽しめそうです。A&Fらしさがにじみ出ていますね。


ん?しかしキャンプ場はサイトが20組?

それじゃ・・・
まさか?
それは通常営業での事でしょ?
もっと張れる様にするよね〜
posted by hiro at 20:36| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

懐かしい

本日仕事で山梨方面に向かっていたのですが、中央道原PAにトイレ休憩で寄りました。車に乗ろうと歩いていると

「あれ?」

の声。
ふと視線を投げると…
お〜
友人のT君でした。
彼は福島国体に出場した仲間です。
彼はその頃駒ヶ根に住んでいましたが、今は長野市に住んでいてなかなかな会う機会は無かったのでした。
そう国体は95年でその間に1回。やっぱり国体の仲間が山で遭難してその葬儀で会ったきりです。それが10年位前?
元気そうでした。全然変わっていませんね。

懐かしいです。あの頃の半年は集中してやっていましたね〜
週末はよく飯縄山登りました。仕事終わって伊那〜長野市まで週二回クライミングの練習にも行っていました。片道100Km!
直前は大会会場(福島県会津地方)まで行って試走です。ラインオリエンテーリングなので事前にしっかり走り込んで道を覚えました。
そう私が地図読み担当。
成女(なるじょ成年女子の事)と合宿と称して泊まり込みで練習です。山に入ったり岩登りに行ったり…(といってもロマンスなど生まれません残念!)
お金かかるので食事は自炊。
他の県の選手との交流も面白かったな〜

思い返せば私の山走りの原点がここにあります。
15年もよくやっています。

posted by hiro at 22:53| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

八ヶ岳山麓スーパートレイル

BIMGP1720.JPG

最近の新聞で記事になっていました。どんなコースになるんだろう?と気になっていましたが、どうやら正式に決定したそうです。

http://www.ystrail.jp/index.html

コンセプトは「歩く旅の道」との事です。標高1000m付近で設定しているので、登山だとか縦走といったイメージでは無く、すご〜く長いハイキングコース&麓の散歩道といった感じですね。
舗装路が多いのはどうにかならないかと思いますが、山歩きをする人全体で考えればこんな設定の方がいいのでしょうか?

地元でもあるのでちょっと分析

*無断転載、引用を禁ずるとあるのでリンクさせませんHPのマップを見て下さい。↑のトップページのリンクは引用にはなりませんよね?ダメ?

地形図にしっかり落としてみないと細かくは解りませんが

map1
毎年恒例の霧ヶ峰トレランツアーのコースとかなりかぶっていますね。
この八ヶ岳山麓・・・・の中でもこの一帯が核心部ですね。
それでも山岳というよりは高原的でしょうか?
白樺湖は渡れません!!トレイル(未舗装)率高し!
写真は八島湿原。この右側入っていない所がゼブラ山

map2
これも霧ヶ峰トレランツアーのコースとかぶっています。ここもmap 1と並んで眺望は良いですね。プール平より南、map3へ舗装路長い
プール平に安い温泉あり。

map3
一部走った事の無い道ありますが多分全部舗装路。
麓の広がりのある景色を楽しむ区間でしょうか?

map4
これも舗装率高し!太陽館辺りから船山十字路だけが未舗装かな?
ペンションビレッジにどうしても寄せたいみたいでコースが不自然
仕方無いのでしょうか?

map5
棒道を含むのは評価できます。いつも鉢巻道路を車で走ると、すぐ横に棒道が見えるのですが歩いた事は無いのです。

map6
棒道の流れで三分一湧水まで下ります。というか観音平まで結構登りますね。八ヶ岳横断歩道ってのも繋がっているんですね。一部しか知りませんでした。ここは晴れていれば甲斐駒、鳳凰三山、富士山、奥秩父、が良く見えると思います。

map7
このピンクラインがトレイル(未舗装)という事でしょうか?
観音平〜美し森は道の形からして林道かな?とも思いますがなかなか期待できそうです。JRを使って入る人を考慮してでしょうか?駅へコースを引っ張っています。

map8
これはウルトラのコースとかぶっていますか?(すいません良くわかっていません)ほとんど林道ですね。

map9
多分ほとんど舗装路です。松原湖周辺の民宿旅館街へ向かっています。
夏は高原野菜の畑を見ながら?

map10
この区間もトレイル率は高いのでしょうか?雨池付近は林道?昨年通った時は枝もかなり張り出していたし、道の真ん中に木も生えていたので
今は車は通らない(通れない?)道となっていますか?幅広いトレイルです。
将軍平がコース中の最高地点?

map11
うん〜長和町の要望か?長門牧場まで引っ張りますね。女神湖から姫木平までトレイルで繋がっているんですね。町村界の防火帯?でもこの区間は結構いけるんじゃないかな?多分・・・・




こういった一貫性を持たせたトレイルを整備するのはいいですね。ただ単に山があるだけ、ただ里の集落を歩くだけ!では人は集まらないので八ヶ岳一周、八ヶ岳山麓STといったテーマを持たせるのはいいと思います。百名山を見ればよくわかります。皆そのテーマに沿って山行計画をたてます。まあ山登りなんてもっと創造的なものだと思うのできめられたコースなどにこだわらず歩けばいいと思いますが…
まずは足を運んでもらう事が大事なので、八ヶ岳周辺を知ってもらうきっかけとしてはいいのでしょうか?



私の場合歩くと言うよりもトレラン的に考えてしまうのですが、実際に走る事を考えると途中の補給が気になります。私が知る中でコース上のコンビニは一カ所。三分一湧水上に一カ所だけですね。
コース近くとなると白樺湖の東にローソン。map3出逢公園の西2Kmに7-11。map6小淵沢IC 上にもコンビニ二軒。あと清里、野辺山駅近くの国道にもあったと思いますが?松原湖近くにも確か商店が?
自販機は結構あるのでは?このあたりは里を入れたコースだからこそですね。
ただやっぱりトレイルと銘打っている割りに舗装路が多いのが残念です。信越トレイルや高島トレイルが登山道に徹しているのに対してこちらは麓の名所、宿泊施設、駅をつなぐ設定です。このコースはそれがコンセプト、目的と言ってしまえばいいのでしょうが、車が走る道でだとね〜コースそのものの魅力薄と感じてしまいます。
トレッキングと里を歩く旅を合わせたコースと考えればいいのでしょうか?
ランナー的に言えばウルトラとトレランが融合したコースといった感じですね。

とは言え近くなのでこれは一回スルーハイクしたいですね。新聞の発表では最終的に230km程になったそうなので1日70Kmとして3日?これテント泊しながらだと相当楽しそう。ロードが多いのでもう少し行ける?でも2日連続で100Kmオーバーはきついですよね〜

これ発展させれば全コースを3分割して3日間のステージレースにするとか?
1日目 短めで車山スタート原村ペンションビレッジゴール
2日目 原村スタート松原湖ゴール
3日目 松原湖スタート車山ゴール
宿泊は地元ペンション、旅館。そしてコースにはエイド多数
どうですか?こんなレース

トレイル委員会の趣旨からは外れるのでこれは叱られますか…

では個人的に…


 
posted by hiro at 23:06| 長野 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

あ〜雪

この所急に寒くなりました。

例年だと南アや中アは11月3日辺りまでは多少雪が付いていてもまだ問題無く登れるレベル。その次の週末までに根雪がついて冬山の世界。
大体そんな感じです。

しかし今年はまだ行けそう…
先週土曜日の雨。あ〜これは上は雪だろうな〜これで今年も終わり…
そう思っていましたがなんとこの時期雨。うん〜このままならこの週末はまだ行けるかも?なんて思っていましたがついに降ってしましました。
浅間山は上半分が雪。八ヶ岳は1900mラインから上が雪。
中ア、南アもきっとそんな感じ(朝も夜も暗くて確認できず…)
走るのはもう終わりですね。

いや!

霧ヶ峰から北を攻めてみたかったのですが、これならまだ行けます。
今週末はどこかで行けるか???
posted by hiro at 06:26| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

そんなの…

本日。
外回りから帰ってきて、データ入力、請求…いそいそと励んでいると…
脇ではなんだか気になる話をしています。

キャンパーは犬を連れているだとか…
アウトドアブランドでばっちり固めた人でいっぱいだとか…
TNFにパタゴニア、コロンビア…
みんなキャンプグッズで一杯…

え〜何?何?
と聞いてみると?

この前に本栖湖のキャンプイベントに行ったんだよ。
との話。
あ〜ピロリにM瀬さんが講習やったやつでしょ?
知ってる知ってる。


えっでも何しに?

その人とてもキャンプって感じの人じゃないんですよ。

何しにそんなイベントいったの?と聞くと?

「会社でブース出したんだよ。」

え〜そうなの?
何持っていったの?
と聞くと昨年からやっているファイヤープレイス(焚き火台)
のデモだったようです。

え〜そんなのこの会社で自分行かなきゃ話にならないじゃない!!!(全然担当じゃないですが)

「そんなの聞いて無いよ!」

楽しそうじゃない。
オリエンテーリングもやっていたみたいだし。
(これはM越さん)
え〜行きたかった…


うん〜しかし実際に自分が行たら仕事そっちのけでブース探索もしくはこっそり走りに行ったかも。見透かされている?
自由に動けなかったら仕事でそんなイベントに行くのは苦痛かも。

まあ実際本業忙しくてそんなの行ってられなかったしね〜

でも…

「声掛けてくれよ〜」
posted by hiro at 23:52| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

今朝のニュース

今は千葉県袖ヶ浦市。朝のNHKニュースを見ていたら8月のツールドモンブランの映像を映していました。ほんの数分でしたがK木さんにM永さんが映ってましたよ。


番組としては今週末。土曜日の20:00よりワンダーワンダーだそうです。ってその日まで出張中!!帰宅が間に合うか?

http://www.nhk.or.jp/wonder/program/19/index.html

ここでもすこし動画が見られますよ。



あやさんのHP Adventure-J.comで先日のarjs南信州大会の模様がアップされています。

http://www.adventure-j.com/photoreport/photoreport01.html
posted by hiro at 07:15| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

気持ちよい。

一週間ぶっ通しで仕事だったので月曜日はお休みでした。
会社に居ればやる事は山程あるのですが、まあ少しは休まないとね。

そこで一日山に行ってきました!と書きたいところですが家にいればそれなりにやる事があります。だらだらと課題を済ませて午前中からお昼寝・・・眠いのです。

そして午後からは将棋頭山へ。西駒山荘のM下君のところへ行ってきました。下界はきれいに晴れていますが稜線は少し雲。基本的に晴れなので問題ありません。今日はバスクの来期のプロトモデルのテストでもあります。詳しくは言えませんが

「いいです」

そのせいなのかどうなのか?
やたらと今日は気持ちよく走れます。すごく軽快!!心拍上げてもただただ気持ちがいい。
急な斜面を走っても
歩いても気持ちいい。
天気、乾いた空気?全てが気持ちいい。なかなかこんな気持ちで走れる事なんてありません。
登山者も全くいません。
途中下ってきた二人のみ。
今は夏山と秋山の端境期。花や紅葉からは外れていますが陽気的には一番いい時なのでは?

小屋に着くとM下君暇そ〜にいや!ちゃんと地道に仕事していましたよ。なんだかんだで一時間程も立ち話してしまいました。
稜線でも今日はノースリーブでも全く問題無い位暖かかったです。

下りは久しぶりに信大コース下りました。色々道が交錯していますがとにかく下っていけば着くはずが・・・・
変な踏跡に入ってしまいました。肩の高さの笹を漕ぐ羽目になりました。今日はノースリーブに短パン(泣
やっぱり普通に下るべきですね。



ちょっと長いのやりたいですね〜
posted by hiro at 23:06| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

いい山です。

BIMGP2452.jpg

只今、奈良市に居ます。今週はずっと関西方面へ出張です。

今日の午後は予定していた仕事が入らずちょっと空きました。
天気もいいのでちょっとお山へ行く事としました。
具合良く?スティミュラスとハイドレーションもあったので、明るいうちから目の前に見える若草山へ登ってきました。ここは以前も出張ランで走った事がありますがこの天気ならかなり期待できます。街中のランはいつでもできますからね。
奈良公園は気持ちいい所です。鹿のフンの匂いが気になりますが朝は気持ち良さそうです。ゆったりとジョグしたいです。
BIMGP2457.jpgこの山はなぜか登れる期間(山開き期間)が限られていて直登で登る事ははこの時期できません。仕方なく林道を登ります。
迷う所はありません淡々と登ります。
標高差は無いのですぐです。山頂は数組の観光客。空気が澄んでいて回りの山や町がくっきり見えました。これまで登った中で一番いいですね。
関西の山はよく知らないのですが大和三山、金剛山、葛城山、二上山、生駒山は分かりました。奈良盆地の隅々まで見えます。これはまさに箱庭ですね。
南は吉野の山、北は京都の町?そしてその北の山々が見えました。標高は低いですがその分足元の町が近いです。しばらくぼーっと眺めていました。やっぱり山は眺めが良くてこそですね。

IMGP2475.jpg帰りは東海自然歩道を下りますこのコースについては以前も走っています。(確かブログにも書いた筈?)
石畳が多くて走りにくいのですがいい感じの道です。

明日の朝も登りますかね〜
posted by hiro at 23:22| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

素晴らしい!!

UTMBすごいですね〜

日本人活躍しています。

http://utmb.livetrail.net/
ここからの情報です。

K木さん
総合3位でカテゴリー(40〜49)優勝
Y山さん
総合6位でカテゴリー(40〜49)3位
Y本さん
総合8位でカテゴリー(23〜29)3位
yagiさん
総合229位でカテゴリー(23〜39)104位
M瀬さん
総合239位でカテゴリー(40〜49)2位
S木さん
総合303位でカテゴリー(23〜39)11位

上位はこんなところでしょうか?
(漏れていたらごめんなさい)
さすがTNFチームは強いですね〜(TNFのレースですし・・・)
バスクも健闘してますよ!この中に二人食い込んでます。(Y本、S木)
でもやっぱり結果をみると相当厳しいレースの様ですね〜
ビデオを見るとコースは最高ですね。あんな景色の中走ってみたいです。しかもかなり走り易そうです。まあビデオ撮るところはアクセスし易い所なんで余計のそう感じるのかもしれませんが・・・
そしてギャラリーがいいじゃないですか。日本じゃああいった雰囲気はないですよね〜


あ〜行ってみたい・・・
posted by hiro at 00:10| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

こんなところで!

 考えてみたら、今年の山は自分の住んでいる町の山には登っていないのでした。南アは手つかず、中アは何回も行っていますが麓をうろうろ
先日のビバーク講座はお隣の町ですからね〜

という事で思い立って仙丈へ行ってきました。
朝、一度は4時に起きるものの二度寝…
再び起きたのが6時前!!
一番のバスには間に合いません次の便に乗るべく支度をします。
第二便は8時05分いきなりの出遅れでやる気ダウン。
ここのバスに乗るのも久々の気がします。
大平小屋で降ろしてもらって9:00発。
ちょっと今日はTT的に行ってみました。
さすがにこの時間だと誰も登っていきません。
下ってくる人もごくわずか。すれ違いに気を遣う事がありません。
ダメですよ!!いくらTTだからといって強引に突っ込んでいっては!
森林限界越えてから失速で1:16着
基本的に晴れで日差しは強いのですが、展望はほとんどききません。
30分程山頂に居ましたが諦めて下山。
当初はそのまま甲斐駒へ行こうと思っていましたがどうも気が乗りません。バスで下る事にしました。

ここの長衛荘はこの夏から管理人が変わったと新聞で読みました。今秋は仕事でも来る事にもなるのでちょっと挨拶。と思い小屋の中へ。
経営が変わるとはこういう事なんですね。食事メニューや飲み物、売店で売っているもの、レイアウト…いろいろが大胆に変わっていました。
やる気があります。
活気があっていいです。(おいしいコーヒーが飲めます!)
主人を呼んでもらいまずは自己紹介。
すると

「あ〜あ〜知ってますよ。」
「山走ってる…」
「SimさんやKさんも知ってますよね〜」
「会社のこまっちゃんも知ってますよ〜」

むむ私は初めてお会いする筈ですが…

話をしてみるとかつての鹿嶺トレイルの調査をしている時にMTBのコースとしての活用を探っている人がいる。と聞いていましたがその彼でした。さらに話を聞くと薪ストーブ(ここも、彼も私もFA285ユーザー)、登山関係、林業関係、信州大学関係、市役所、Kさん絡み等々
繋がってます。あっちこっちで…
思わず話込んでしまいました。

同系列の人間はどこへ行ってもやっぱり近いのでしょうか?

意外なところでの出会いでした。
posted by hiro at 18:21| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

信越五岳

完全に放置でした・・・ 

 信越五岳走ってきました。素晴らしいレースでした。石川氏のレースは初めてでしたが、随所に細かな気配りが感じられました。あれだけの距離であのトレイル率はすごいです。斑尾側から妙高側へ移る所なんか里を走るのでここは舗装路でしょ?と思いきやここもトレイルってのは素晴らしい。まあトレイルとは言え林道的な箇所が多いので私的に好きか嫌いか?と言われれば嫌いなコースです。しかしトレランレースのコースとして素晴らしい事は間違い無いです。
スタッフ数も適正、演出、運営、構成などパーフェクトでは無いでしょうか?欲を言えば前後泊が必要なのは仕方無いとしても、参加費はもう少し安くならないですかね〜トータルだと大変な事になります。

私のレースとしては全くダメでした。3A(38.5Km)地点で私のレースは終わっていましたね。その後の関川沿いがほとんど走れませんでした。
あとは惰性で完走しただけって感じでした。
今回腰をやってしまいました。特に下りがダメです。走るとその衝撃がガッツンガッツン響きます。足が終わっているうえに腰をやられた状態なので登りも下りもダメでいい所無しです。
あと後半眠くてスタッフ待機場所で何回横になって寝たのか・・・

ダメだった理由は暑さにやられたとかTJARの影響?なんて言われましたがどっちでも無いかな〜と思います。
水は十分摂っていたし、オーバーヒート感もそれ程無かった。アルプスに行ったって以前と変わらないペースでいけるのでTJARの影響は感じられません。
まあ基本的な走る力が無かったって事でしょうか?
今回の結果はちょっとショック
posted by hiro at 23:04| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

DoCoMo山岳地帯のエリアマップ

 昨年よりその存在は聞いていましたが、どこでその詳しい情報が手に入るのか?山岳関係者に聞いても私のネットワークでは辿り着けなかったDoCoMo山岳地帯エリアマップ!ちょっと前の山渓にも情報が載ってましたがわからず・・・
ここにきて関係者よりその地図(ポスター)を手に入れる事ができました!!
北アルプス、中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳、乗鞍、御岳。サイトの作りは登山ガイド的ですがこれはれっきとしたDoCoMoのサイト。主目的はフォーマのエリア表示にあります。
長野県内の主要なエリアはほぼ網羅しています。これはTJAR向けに非常に嬉しい情報です。しかしスキャンして絵をそのままネット上で公開は問題ありだと思うので、サイトのアドレスを公開します。これは山小屋に張り出してあった情報なので問題無いでしょう

http://nagano.docomo-de.net/area/sp/m0/index.html

これはスマホ用サイト。ピンチアウト、ピンチオープンって言われてもマウスじゃ出来ません!!

http://nagano.docomo-de.net/area/i/m0/

これはiモード用

紙地図と少し比べてみましたがネット上の方が少しエリアが広くなってます。紙地図のデータは2009年8月〜2011年11月の調査結果とあるのでそれ以降のデータが反映されているのでしょうか?

惜しいのはアンテナの位置とアンテナの方向が無い点。これが判っているとデータが無い場所であっても現地でアンテナ方向が見える場所なら通話可能だとか、尾根の向こうとこっちどちらが電波状態がいいのかが判断し易いです。尾根をはさんでいると数mの差で圏外か圏内かの分かれ目になります。その位置関係が判っていると圏外であってもピンポイントで圏内を探し出せたり、その逆もあったりなんですよね。
携帯各社アンテナの位置って絶対に公開しないので想像するしかありません。でも山岳エリアのアンテナの位置って地形みたり、アンテナ保守のため車のアクセス状況を考えるとかなりの精度で特定できるんですけどね。
でも事前に知っておくと絶対に違います。

さて自分の地図に書き写さなきゃ。
posted by hiro at 23:37| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

トレイルおいかけっこ



先日、安曇野の光城山へ登ったのですがそこでの走り。
これはお互いかなり楽しい。
このカウントされるのがたまらないらしい。「いち。にい・・・」となると即座に反応するのが面白い。
欠点は走りが1分しか持たない事。
カウントしないと走りださない。
これを克服すれば?
posted by hiro at 06:02| 長野 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

2人もゴール

ハラハラしながら見守ったトルデジアン。知り合いのお二人も無事ゴールできました。休憩ポイントはしっかり確保されているとはいえきつかったでしょうね。でも多くの声援は力になったはずです。最後はきっと眠気との戦いだったと思います。とにかくお疲れ様でした。

こんな環境ででレースができる体制というか地域の力というかお役所、山小屋・・・非常にうらやましいです。日本で同じ事できるか?と言ったら?無理ですね〜とてもできると思いません。

とにかく話が聞いてみたいです。

しかしトップが失格ですか?最後でショートカット?
50mおきにあると言われるフラッグが無くなっても?
そんな事あるんでしょうか?
ちょっと後味が悪いですね。

私はこの3連休土曜日が運動会で残りは仕事…
毎週休出でも全然終わりません!!
でも次の連休は山行きますよ!
posted by hiro at 22:06| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

ゴ〜ル

おめでとうございます。
望月さんやりましたね。

堂々の総合14位 100:02:27
クラスでは4位
(彼より速い女性がいるのにびっくり)
素晴らしい成果です。

これだけ長いと2日目以降の体の変化、疲労、そして精神的な変化に戸惑います。
よく似た経験があればいいのですが、そんなレースは多くありません。
多くの選手はその変化に対応できずに後半にぐっと落ち込みます。
彼には昨年の経験がきっと生きているはずです。決して楽ではなかったでしょうが、その変化を予見出来たことは大きかったと思います。後半の追い上げは見事です。

まずはしっかり寝て下さい。そしてその経験談をぜひ聞きたいです。

お疲れ様でした。



まだまだみなさん走っています。

間瀬 146位 あと75Km ちょっときついかな?ここは踏ん張り所、明日の夜にゴール?
S田  259位 あと95Km 今はValtourで睡眠中?どんどん上がってきてます。
posted by hiro at 23:17| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

途中経過2

やっぱりすごい。
こっちで私達が寝たり食べたり仕事している間ずっとレースをしている。
すごいよ。
きっと体調の浮き沈み、眠気なんかで順位も入れ替わるけど、食べて飲んでさえいればきっと完走できます。くれぐれも周りのペースに惑わされない様に!
リアルタイムに判るのは臨場感あって良いです。

現時点で
望月 27位 もう186Km走ってます。順位は落ち着いているから良い感じですね。
間瀬 130位 161Km ちょっと盛り返してきました。もうすぐ半分!
S田  356位 129Km このペースを守れば完走できます。じっくり行きましょう。

トップは 247Km 明日の夕方ゴールかな?
posted by hiro at 23:55| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

途中経過



いや〜すごいですね〜
昨日の夕方(日本の)にスタートしてまだずっとレース中ですからね〜
仕事中も気なって仕方ありません。
注目の望月さん現在23位。まだ1/3が終わったところ、まだ力を出し切ってはいけませんよ。

ビデオ見て下さい。いいですね〜遠くに氷河が見えて、草原で、馬と一緒に走れて…
あ〜楽しそうだ。

3分17秒辺りと4分14秒辺りに間瀬さんしっかり映ってますね。
トップページの下の方12/09の中で望月さん何枚か映ってます。
かっこいい〜

全ての日本選手それいけ〜
posted by hiro at 23:05| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

もうすぐTDG

TDG(Tor des Géants )日本語読みだと「トルデジアン」
私が今一番興味のあるレース。
なんと驚きの

距離   330Km
標高差 24000m
制限時間 150時間

これがフルサポート!
50mおきのフラッグ(これで迷わない!)
全ての山小屋はフリーで使用可
いくつかのレスキューポイントにエイドステーション
シャワーなんかもある。

これだけ長いと睡眠無しでは無理ですし、ペースもぐっと落ちるでしょうが感覚的にはUTMBの延長といったところでしょうか?この内容を見ればTJARと比べてしまいますが、全く趣は違うでしょうね。
至れり尽くせりのサポートがあるTDG
ほとんどサポートの無いTJAR
似た様なレースに見えますが運営的には対極にあるような感じです。
確実に食糧、水が受け取れる、24時間対応OK、テント、シュラフはいらない、救急体制あり、
これだけで相当荷物が減らせますし、精神的な安心感も生まれます。

TDG
走る事に専念できるトレランの長いレース

TJAR
生活の事も考えながら走る登山マラソンの長いレース

と言ったらいいでしょうか?

しかしこの内容にはそそられますね。これ絶対に楽しいと思います。
なんでもロード区間は極めて少なく、ほとんどが登山道だとか?その代わりに標高の振幅がすごく激しいらしいですが?
いや〜絶対にいいな〜
これ絶対に面白い

しかし・・・
150時間(6日と6時間)って事はレース前の移動(長野からの移動も含んで)2日?事前準備で最低2日は現地で欲しい。レース後も少し時間を・・なんていってると?約2週間!うん〜これだけの休みをこの時期に取るのは・・・・

まず無理!

永遠に憧れのレースになりそうです。(泣

そうそうTJAR参加選手からも望月、間瀬の2人がチャレンジします。レースの組み立て、ペースなど大分違うと思いますが、あの距離、あの時間を経験しているのは、大きなアドバンテージになっているはずです。あの2人ならばきっといい所見せてくれると思います。
*2人と思って名簿見ていたら、なんともう一人S田さんがいました。
どうも最終リストを見ると日本人は13人エントリー1人DNS?

スタートは11日10:00{日本時間で11日17時〜(サマータイム時期だからこれでいいのかな?)}
昨年の優勝タイムが80時間26分23秒だそうです。トップクラスでも前後の差が相当あるみたいです。

それいけ〜

posted by hiro at 00:48| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

復帰第二弾(その三)

 今回はビバーク要件を満たすためにツエルト&シュラフカバー・・・ツエルトはいいとしてもカバーではやっぱり寒いのです。かなり寝不足だったのでほとんどの時間眠っていられましたが、時折レインウエアの蒸れと足の冷えで目を覚ます事が数回。まあこのスタイルは8月中まででしょうね。
束村さん一行は4時前に出ていったはずです。私はゆっくり。今日は百間洞山の家の往復です。およそ16時間コース。
5:23聖平小屋発。夜中は星が見えていましたが今日も微妙な天気。基本曇りです。
6:45前聖岳この辺りの主要ピークはドコモの携帯OK
山の中では基本的に携帯の電源切っています。これ山の常識。でもスマホは一旦電源落とす再びボタン押しても起動にすごく時間がかかります。1分以上は絶対にかかっています。しかも携帯の電波を拾って安定するのにさらに30~60秒。もっとかかる?結構これストレス。待ちきれなくて放っておくとスリープに入ってるし!
展望きかないので黙々と下をみて歩くだけ・・・
兎岳の避難小屋はきれいになっていました。外観は前と変わっていないと思いますが、中がきれいになっていました。これなら水しっかり持ち込んで泊まってみてもいいかも?前はトイレがあった気がしたけど?無くなっていました。

これ兎岳北側の水場の矢印。このスプレーの仕方センスありません。ほぼルート上にあってあまりにはっきり矢印があるのでこれ迷い込む人絶対にいますよ。しかも肝心な「水」の字が薄い。
地形的には判りやすい所にあるので、こういった水場への表示は判る人だけがちょっと踏み込むとペンキが見つかる。こうあるべきと思います。聖の南側も水場もそう。「水」と書いてありながら危険だから入るな!って感じ。登山者をどう導きたいのかわかりません。やっぱりセンス無い。

BIMGP4640.JPG

9:30百間洞山の家。今回は食料はあるので買い足しはほとんど無し。ここでも小屋のご主人にご挨拶。話をしていてわかりましたが自宅は隣町のようです。そういえば以前もあ〜伊那の人だな〜と思って話をしました。9:58発
山はほとんど見えないので歩く歩く。それしかない。登りはいいペースで行っていますが、下りはどうもうまく下れないので軽く跳ねてみる程度です。
しかし、先日の唐松の時に比べて今回ははるかに楽です。今回の方がペースは全然速いです。半分以下で移動しています。しかし体への負担はかなり少ないです。疲労に直結しているのは荷物の重さですね。きちんと計っていませんが恐らく今回の倍はありました。しかしスピードは倍以上かかっています。エネルギー収支的にどうかわかりませんが、明らかに今回が楽。考え方変えれば普段はあえて重い荷物を持って山に入る。これはすごくいいトレーニングになりそうです。実際レースでも無い限り重さは全く考えずに荷物を持って山に入っていましたが、これは練習として非常に有効。これを強く感じました。

13:42聖平小屋着。十分に便ヶ島へ下ってしまえる時間なのですが、もう一泊はツエルトで寝ておきたいのです。とりあえずビール飲みますが寒い・・・今回は着る物はぎりぎりです。外で寛ぐほどはありません。本格的に寝るには早いのですが居る所無いので・・・仕方無く昼寝。
ご飯作って18:00前には寝てしまいます。

BIMGP4662.JPG

5:17聖平小屋発。今日はさっさと下って風呂に入りたいです。あと家でもやっておきたい事が沢山。
西沢渡では籠の渡しが新しくなっていました。この位の水量だと下の木橋を通ります。

BIMGP4672.JPG

7:18便ヶ島(たよりがしま)着
7:45位?易老渡。時間取り忘れました。どうも入りたかったお風呂「かぐらの湯」は10:00からの模様。あの長い山道を行っても1時間もあれば着いてしまいます。って事は1時間の待ち?
この時間がもったいなくて駒ヶ根まで戻ってお風呂としました。あれ??

これは下栗の集落
BIMGP4680.JPG

骨折の方はともかく、心肺機能的にはもう完全に戻ったといっていいでしょう。十分に楽しめました。これから仕事は忙しくなってきますが、もう少し山に行っておきたいですね。
posted by hiro at 23:24| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

復帰第二弾(その二)

 光から北上コースはそれほど起伏も無く坦々と進みます。
イザルヶ岳や仁田岳は前に行ったのでパス。天気よければ時間はあるので行ってもよかったのですが、この展望じゃあね〜

BIMGP4592.JPG

茶臼岳は11:08着ここから畑薙ダムが見えるんですね〜意外と近く感じましたが?実際は結構遠いんです。ちょっと下って茶臼小屋への分岐です。挨拶回りのため一旦横窪沢小屋まで下って再び茶臼小屋へ戻ってテン場でキャンプの予定です。余裕があれば聖平までですが、まあ今晩はここまででしょう。
ここから北は携帯電話のエリア調査もしていく予定です。前回のTJARでは南アで音信不通の人が何人もいてかなり心配しました。茶臼の分岐ではメール、電話はOK。自分のブログは?とつないでみると?
うん〜重い!一応少しずつ・・・
つながりつつありますが・・・
これじゃ使えません。画像なんて絶対に無理です。
そうそう今使っている携帯はスマホです。よってネットのブラウズはPCと一緒の絵です。通信環境がベストでないと読み込みはやっぱり重いです。きっとiモードだったら大丈夫だと思います。(昨年南ア南部でストレス無くいけました)
あ〜重い重い・・・なんてチコチコ携帯いじっている中、ふと茶臼小屋方面を見ると?女性が一人登ってきます。パッと見てすぐトレイルランナーと判りました。登りと言えどもそのスピード、身のこなし遠目にもすぐ判ります。
でも一人で?
南アの稜線を?
南アのこの辺りを女性一人でトレランする人ってかなりの人です。
そうはいません。
きっと知っている人。
誰?
しかし!
私がよく知っている人に似ている。
すごく。
でも偶然こんな所で会う筈が・・・
どんどん近づいてくる・・・


あ〜
やっぱり「間瀬さん!」

BIMGP4595.JPG

お互い「何やってんの?」
前会ったのって何時だっけ?かなり久しぶり。
どうも家族で来ているそうです。5分後ファミリー登場。
子供がすごく大きくなっていてびっくり。
どうもこれから彼女だけ聖平小屋へ行くそうです。そして明日畑薙へ下る予定とか?
お〜それなら横窪沢小屋へ挨拶してきてよ!と書類を託しました。
ラッキー!登り返さずに済みました。そうなると今日は聖平まで楽勝ですね。
茶臼小屋はすぐなので私が行く事に。彼女とは一旦そこでさよなら。どこかですれ違うはずです。
茶臼小屋ではTJAR関係者と知ると大歓迎。じっくりとお話させてもらいました。ご主人の思いに圧倒されます。この夏だけでも結構皆さんこの辺り走っているんですね。知っている名前を何人も聞きました。
この小屋は私自身何回もお世話になっているので、個人的にお礼に伺わねばとずっと思っていました。やっと叶いました。
*茶臼小屋がドコモOKになったそうです。静岡側で通じるのは驚きですね〜

今日の天気は微妙。基本的に曇りですが時折ガスが抜けて日も差してくる。しかしすぐにガス。
雨が降らないだけいいですが、展望はほとんど望めません。

TJARではこの辺りは毎回睡眠不足で通過するので幻覚が激しいのです。昨年もここですごく苦労しました。何回往復したか?そこで道がどうなっているのか?地形はどうなっているのか?それを確認したかったのもあります。でも歩いてみればいたって普通の道。どこで迷ったのか?
上河内岳も展望が無いので分岐は素通り。南岳の下りで再び間瀬さん登場。どうも聖平小屋に私達が知っている人がいるらしいです。でも教えてくれません。共通の知り合いっていえばトレイルランナー?アドベンチャーレーサー?ここだったら中京の人?関東?
あ〜気になるじゃないか!誰だ?
その後はずっとそれを考えて進みます。
14:29聖平小屋着。
その誰かは・・・
束村さんにかあさんあとお二人(すいません名前聞いてなかったです)アドベンチャー系でしたか?
椹島から入って荒川を経てここまで来たそうです。私はとりあえずツエルトを張っておきたいので
また後で・・・
ここのキャンプ場は広いので条件はかなり良いですね。時間かけてビシッと張ってみました。今回いくつかの改良点があるのですがなかなか良さそうです。
ツエルト泊だと一旦張ったらご飯食べて寝るだけですが今回は良かったです。話相手ができました。
トレラン、アドベンチャーレース、TJARなどなど・・・ビールが進みます。
食事の時間になりますので・・・を聞いて自分達のテントへ行きます。皆にツエルトのチェックを受けます。張るのに時間かかりすぎじゃない?なんて言われましたがなかなかこれきれいに張るの難しいんですよ。雨がパラパラ来たのでこれで退散。かなり寝不足なのでご飯食べて爆睡です。
posted by hiro at 22:12| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

復帰第二弾(その一)

BIMGP4574.JPG

 恐る恐る行ってみた唐松岳。ペースが遅いとはいえ全く問題ありませんでした。
うん〜これなら様子見ながら少しはトレランできる?
そういえば来年のTJARのための挨拶回りついでに、南ア南部行ってみようか?
と急遽思い立ち15~17日二泊の予定で行ってきたのでした。
ビバーク二回をクリアするためでもあります。

14日夜は安協のお仕事だったのでそれから準備。久々の泊まりを含むトレランなので装備に抜けがありそうで怖い・・・大慌てで計画書作って家を出たのが0:00!!
遅!!
飯田まで高速使って易老渡(いろうど)へ着いたのが2:30そのまま車中泊。今度の車は後ろが完全にフラットになるのですごく快適・簡単。4:00起床。
眠い・・・
4:47易老渡の橋より入山。まずは「普通にトレラン的」に登ってどの位で行けるか?です。これでとりあえず様子をみたいのです。呼吸(肺)に注意しながらです。
5:35面平。2時間のところ48分と言う事は?ちょうど40%あ〜よかった。全然走っていないので体力的にはかなり落ちていると思いますが、それでこの位で行ければ十分です。あとは無理せずイーブンをBIMGP4580.JPG心がけます。易老岳より光岳はピストンです。光岳の小屋をみて驚きました。私の記憶とは全然違っていました。聞けば13年前に建て替えたのだとか?思い返せば前に来たのがもう20年位前。そりゃ変わっていてもおかしく無い。昔はテン場の前にあったはず。
光岳といえばその時の苦い思い出が蘇ります。
およそ20年前の夏山。自転車仲間3人と南ア南部の縦走を計画したのでした。その3人、バカみたいに体力のある人達でした。一人は易老渡〜光〜聖〜便ヶ島で帰宅。私ともう一人はさらに聖から北上して三伏の鳥倉林道まで抜ける予定でした。鳥倉林道に車をデポして易老渡から入山。第一日目は光小屋でテント泊。気持ちいいテン場でさ〜てテント張るか!と広げ始めると・・・

うん?

ん!!

んんん!!!!

ポールが無い!!
テントは私の担当。
家を出る時は確かにザックの脇に差したはず。
どこかに落とした?
記憶を辿ってみます。歩いているとき、休憩の時の印象は全く無い。
どこ?いつから?
呆然としているとN君がポールって緑の袋です?と、きました。
「そう!」
「あれ、車(トランク)にありましたよ」

うっなぜそれを知っていて言わない!!
思わず言いそうになりましたが、簡単に落ちる様な付け方するのが悪い。それに気付かない私が悪い!人を責められません!っていうかそれ全部私の責任じゃん!
「ごめん」
そのテントを再び畳む時の空しさと言ったら・・・
そして予定外の小屋泊まりとなったのです。そして予定外の出費。その後2泊する予定なのにテントが無理だと全部小屋泊まり。そんなにお金持ってきていません。
仕方無く便ヶ島へ下山。さらにデポした車を再び回収に・・・
辛かったです。
昔の苦い思い出。

脱線しました。

復帰第二弾はまだ続く・・・
posted by hiro at 23:23| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

トレイルランナーにできる事

 まだまだ、地震関連のニュースは現在進行形で毎日報道されています。事があまりに大きすぎて本当の区切りというのはまだまだ時間がかかります。長いスパンで意識を向ける事、継続的な援助が求められていると思います。

 そんな影響で春のスポーツイベントは軒並み中止、延期となっています。春の予定はがら空きになって、充たされない思いのランナーも多いと思います。そこで、こんなイベントの情報をもらいました。

「武田の森 RUN&WALK」

山梨県の「エルク」主催です。

走る(歩く)距離によってエイド料金を払っていき、
これが義援金として被災地に届けられるというチャリティイベントです。

 有名どころでは石川氏はもちろんとして相馬、山本(以上、山岳耐久レース覇者)加藤(ハセツネ30K覇者)などの参加も予定されているとか?
普段トレランイベント=レースなんてイメージがありますが、こんなゆったりイベントも良いと思います。
走る事が義援金になっていく!
トレイルランナーにできる事。
走る事への動機付けにどうですか?
*これはレースではありません勘違い無き様。

その日私はしっかりと仕事・・・
posted by hiro at 11:57| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

UTMF

関係者からの情報ですが、本日正式な発表があるとか?
かなり調整に苦労した様子ですが、一体どんなコースになったのでしょうか?

早く詳細が知りたいです。


/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*


先程自宅に帰って確認しました!

公式HP

現時点ではここが一番詳しい?

trailrunner.jp


いよいよですね〜
まだまだ不完全な状態ですが、これで公になりました。とりあえず参加資格は満たしているのでこれは・・・

これまで全く公式発表といったものが無く本当にやる(出来る)んだろうか?
とやきもきしておりました。

恐らく調整も完全にできていないのに見切り発車で公式発表

なしくずし的な調整

関係機関にしこりがあるままの開催

大会終了後クレーム

次回開催不可能

これを避けたかったためと思われます。
きっと以前の教訓があるのでしょう?

別の関係者からは全ての問題解決と理解が得られ、オールクリアになってから発表になる。と聞いてはいましたが「晴れて発表!」ですね



なんでも一部私有地を含んでいるので5キロ程は試走できないとか?
王滝も160Kmになると聞いていますが、林道ベースでは魅力を感じません。
やっぱりこのUTMFがどんな内容になるかが気になります!!

しかし2月2日発表で5日受付開始ですか・・・
どんなコースかも発表されていないのに・・・
検討の時間なんて・・・
まあ考える事無しにエントリー?

うん?

しかし5日、6日は仕事・・・

どうするよ?

ノート持ち込んでクリック合戦?

まあ山耐みたいな事は無いんだろうけど

posted by hiro at 13:41| 長野 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

山耐2010

遅くなりました!

走ったならばこれについては書かねばなりません。

え〜今年はレースにはほとんど出ていませんでした。TJARが終わってからも速く走るための練習といったものは全然しておらず、楽しく山を走る事ができればいい
こんな感じでいました。とは言えこのレースだけはいい結果を出したい!そういう気持ちもあります。
でもやっぱりそのための練習と言うと全然気が乗らないのです。
そんな事で臨んだこのレース。続きを読む
posted by hiro at 06:00| 長野 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

週末

BIMGP3892.jpg

 この週末ですが土曜日は子供の運動会でした。私は三役なので仕事が多く大変でした。ずっと仕事に追い立てられて休む間が無かったです。昼頃に終わりましたが、ちょっとお昼寝して夕方から先生・理事で慰労会です。
私が幹事!あ〜めんどくさ〜職場や仲間内での飲み会ならば志向や雰囲気も読めますが、こんな集まりは難しいですね。お店選びやペースが予想つきません。一次会で済ませればよかったのに最後まで付き合うから…帰宅は午前様。
日曜日は一日山に行くつもりでしたがそんな事で起きられず。起きたのが5:30!眠くて今日は止めておこうか?と一瞬思いましたが雲一つ無い中アの稜線を見て思い直します。
さてどこに行くか…
中アは身近すぎて退屈だし南はあまりに遅く応用がきかないので八ヶ岳にしておきました。時間も遅いし稜線を楽しみたかったらその辺りしかありません。
何のひねりも目新しさも無い美濃戸口〜行者小屋〜赤岳〜硫黄岳〜赤岳鉱泉〜美濃戸口です。
8:10〜13:50カリカリせず普通に行ってこの時間

BIMGP3888.jpg

BIMGP3894.jpg

BIMGP3897.jpg
もう風は冷たいので長袖アンダーにタイツは必要です。晴れていてこれで丁度良いですね。上は霜柱がありました。
人はまあまあいましたが夏山と秋山の端境期なのか週末の割りには少なめです。
もうすっかり秋の空気でくっきり山が見えます。
八ヶ岳の紅葉はダケカンバが多いので黄色で地味です。もう始まっています。
これ位の人出なら走ってもいい?かな?そこそこ走れました。
スタートが早ければ半日コースで行けますね。

やっぱ山は稜線からの眺めあってこそですね〜

終わったらその足で仕事(泣)

しかしながら山耐も近いのに一向にモチベーションが上がってこないのは弱ったものです。
posted by hiro at 22:41| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

またまた空木岳

BIMGP3794.jpg

 連休中日はchinさんのお誘いで空木岳へ行ってきました。当初は予定があったのでお断りしていたのですが、急遽予定が空いたのでご一緒する事としました。
メンバーはchinさんKENOさんそして私。

今回は林道終点から空木岳〜南駒ヶ岳〜越百山の往復です。およそ20時間コース!
決して楽なコースではありませんがある程度トレランやっている人ならば日帰り可能なコースです。
私は地理的には近いコースなのですが空木岳以南はピストンか中小川へ下るしか無いので、なかなか行く気にはなれずにいました。こんなお誘いはいい機会です。
続きを読む
posted by hiro at 23:17| 長野 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

今朝はここ

朝練で走ってきました。

BIMGP3770.jpg
posted by hiro at 07:59| 長野 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

空木岳

BIMGP3764.jpg

 うん〜この所私の住む町は物騒です。少し前では通勤路沿いで郵便局強盗があったし、昨日は変死?(どうも殺人らしい)事件がありました。これもそれ程へんぴな所では無いのでたまに通る道です。
大体被害者は年も近いし住んでいる所も近い。もしや中学校の先輩か?
いやだいやだ。

本日は私の定番コース空木岳に行ってきました。昨日はすごくいい天気でしたが今日は微妙…下界は晴れていますが上は雲の中登るうちになんとか?
で出発。当日朝の思いつきなので遅め。駒ヶ根高原で地元の人が車停めるならここ!(無料です)の駐車場へTJRAで応援に来てくれたsugiさんの車がありました。身支度しているとsugiさん登場!
岐阜の仲間と沢に入るつもりだったけど雨が降ってきたので取りやめだとか?
え〜今日なんて全然行けるのに?

今降ってないよ?今日はそんなに崩れないよ?と思いましたが彼らの判断です。
なんだかもったいない?

7:09分にスタートとなりました。(遅!)先日の台風が来てから空気が変わりましたね。
気温は上がっても乾燥しています。走るにはいい時期ですね。

BIMGP3750.jpg

メール送ったり、靴ひも結び直したり、ハイドレーションの水漏れ直したりでなかなか集中して登れません。加えて日曜なので下ってくるパーティが多いですね。この待機時間も多し…
今年のTJARは空木岳の下りで登山道が6月に崩壊したためにコース変更となりました。
お盆中に道の修復が終わったとの事でそこも見ておきたかったのです。

崩落箇所は小地獄。昔あった尾根通しのルート復活ですね。足場用階段に鎖でまあ普通に歩けました。


森林限界超えると若干の雲に風。濡れたウエアにはつらい所です。
長袖アンダー着ました。この山の一番おいしいところがこの森林限界超えてから頂上までです。白い花崗岩の砂で非常に気持ち良いのです。
特に下りが最高にいいのです。視界は良く無いですがその雰囲気は味わえます。
空木岳10:40遅い!
30分程滞在
様子みて南駒も?と思いましたがガスっているのでパス。(弱・・)



そのうち雲が引いて?
お〜我が家が見えるか?あの雲の切れ間にある筈です。
視力1.5では無理でした。

BIMGP3761.jpg

11:09出発!
目標は1時間40分でバスターミナル。
ムキにならぬ様、話かけられたらしっかりお話する様に、で12:55おおむね良いでしょう。
こまくさの湯に入って帰りました。
ほんとは光、茶臼、上河内岳行きたかったのですが…
またですね。
posted by hiro at 21:56| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

さえない週末

この週末はなんとしてもアルプスで長いのを!と南アを予定しましたが。体調不良にてほんの入り口であえなく終了。

話は一週間前に戻ります。
16日(金)出張で町田市に泊っていましたが夕方からなんだかお腹が変?で急に下痢。なんだろうと思っていましたが軽く仕事済ませて外に出ると、ますます気分が悪くなってきました。
頭痛、吐き気、強烈な腹痛。なんとか近くのコンビニまで行きましたが、辛くて立っていられません。
うわ〜なんだこれ…
食中毒?その後はホテルの部屋で七転八倒、悶絶の苦しみでした。周期的に来る痛みの波に耐えベッドの上で丸くなるしかありません。
本気で救急車呼ぼうと思いましたよ。
そんな事で19時位から痛みが治まるまで6時間位かかりました。
辛かったです。
その下痢、下腹部の違和感がずっと続いていました。一週間も経てばいい加減治るだろ?と思って計画した南アでしたがダメでしたね。
ペースは速くは無い筈なのですがいきなり足が重い。エネルギー吸収できていないでしょうから当然なのでしょうが全然ダメ。
結局コースタイムからすれば40%位でしたがこれ、コースタイムがおかしいです。今のペースだったら50%以上かかっています。
塩川〜三伏まで4時間〜4時間15分位が妥当じゃないですか?
今回は特に長いのでこれにて終了としました。
塩見往復でもよかったのですが気が全然乗らなかったのでこれで良いのです。

翌日朝7時30分には家に着きました。
塩川(手前2Km)まで1時間ちょっとで到達できる事を発見。意外と近いですね。

翌日早朝中アの権現山。笹が生い茂りかなり濡れますね。
午前中は野暮用で埋まっていたので午後から中ア駒ケ岳へ。しかし黒川林道を登り始めるものの、激しい雷と雨&ひょうで退散…
いいところ無いです。
posted by hiro at 22:33| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

今年も開催!

BIMGP1767.JPG

肝心な所で告知しておりませんでした・・・

今年もやりますよ。霧ヶ峰トレイルランニングツアー今回で5回目になります。例年よりも開催日を少し遅らせました。より緑が濃く、レンゲツツジも見頃になっていると思います。

BIMGP1803.JPG BIMGP1855.JPG
トレイルランを始めてみたいけれどどんな所に行けばいいのか判らない。いざ山に行ってみたけれど大変だった。どう走っていいのか判らない。疲れた。などなど・・・
最近大きな高まりを見せているトレイルランですが、まだまだこれからのスポーツ。クリアになっていない面がすごく多い。走り方、装備、マナー。ロードでの走りとは似ているようでかなり違う。登山的ではあるけれどそれとも違う。
とにかくなだらかな丘で広々したロケーション。この爽やかな高原でトレイルランを感じましょう!

今年も講師としてVASQUEのサポート選手があたります。

【掲載】
トレイルランニングマガジン(タカタッタNO,5)
ランナーズ5月号
runnet trail

posted by hiro at 05:37| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

VASQUE CUP

やっと詳細が発表されましたね。

VASQUE CUP

結構前に話は聞いていましたがやっと出ました!

レースオンリーでは無くてとトレランとその他のアウトドアライフをミックスしたイベントなので、しっかり楽しむにはホテルや旅館じゃなくてキャンプで楽しむのが絶対に良さそうです。走らない家族を連れて行っても楽しめそうです。A&Fらしさがにじみ出ていますね。


ん?しかしキャンプ場はサイトが20組?

それじゃ・・・
まさか?
それは通常営業での事でしょ?
もっと張れる様にするよね〜
posted by hiro at 20:36| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

懐かしい

本日仕事で山梨方面に向かっていたのですが、中央道原PAにトイレ休憩で寄りました。車に乗ろうと歩いていると

「あれ?」

の声。
ふと視線を投げると…
お〜
友人のT君でした。
彼は福島国体に出場した仲間です。
彼はその頃駒ヶ根に住んでいましたが、今は長野市に住んでいてなかなかな会う機会は無かったのでした。
そう国体は95年でその間に1回。やっぱり国体の仲間が山で遭難してその葬儀で会ったきりです。それが10年位前?
元気そうでした。全然変わっていませんね。

懐かしいです。あの頃の半年は集中してやっていましたね〜
週末はよく飯縄山登りました。仕事終わって伊那〜長野市まで週二回クライミングの練習にも行っていました。片道100Km!
直前は大会会場(福島県会津地方)まで行って試走です。ラインオリエンテーリングなので事前にしっかり走り込んで道を覚えました。
そう私が地図読み担当。
成女(なるじょ成年女子の事)と合宿と称して泊まり込みで練習です。山に入ったり岩登りに行ったり…(といってもロマンスなど生まれません残念!)
お金かかるので食事は自炊。
他の県の選手との交流も面白かったな〜

思い返せば私の山走りの原点がここにあります。
15年もよくやっています。

posted by hiro at 22:53| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

八ヶ岳山麓スーパートレイル

BIMGP1720.JPG

最近の新聞で記事になっていました。どんなコースになるんだろう?と気になっていましたが、どうやら正式に決定したそうです。

http://www.ystrail.jp/index.html

コンセプトは「歩く旅の道」との事です。標高1000m付近で設定しているので、登山だとか縦走といったイメージでは無く、すご〜く長いハイキングコース&麓の散歩道といった感じですね。
舗装路が多いのはどうにかならないかと思いますが、山歩きをする人全体で考えればこんな設定の方がいいのでしょうか?

地元でもあるのでちょっと分析

*無断転載、引用を禁ずるとあるのでリンクさせませんHPのマップを見て下さい。↑のトップページのリンクは引用にはなりませんよね?ダメ?

地形図にしっかり落としてみないと細かくは解りませんが

map1
毎年恒例の霧ヶ峰トレランツアーのコースとかなりかぶっていますね。
この八ヶ岳山麓・・・・の中でもこの一帯が核心部ですね。
それでも山岳というよりは高原的でしょうか?
白樺湖は渡れません!!トレイル(未舗装)率高し!
写真は八島湿原。この右側入っていない所がゼブラ山

map2
これも霧ヶ峰トレランツアーのコースとかぶっています。ここもmap 1と並んで眺望は良いですね。プール平より南、map3へ舗装路長い
プール平に安い温泉あり。

map3
一部走った事の無い道ありますが多分全部舗装路。
麓の広がりのある景色を楽しむ区間でしょうか?

map4
これも舗装率高し!太陽館辺りから船山十字路だけが未舗装かな?
ペンションビレッジにどうしても寄せたいみたいでコースが不自然
仕方無いのでしょうか?

map5
棒道を含むのは評価できます。いつも鉢巻道路を車で走ると、すぐ横に棒道が見えるのですが歩いた事は無いのです。

map6
棒道の流れで三分一湧水まで下ります。というか観音平まで結構登りますね。八ヶ岳横断歩道ってのも繋がっているんですね。一部しか知りませんでした。ここは晴れていれば甲斐駒、鳳凰三山、富士山、奥秩父、が良く見えると思います。

map7
このピンクラインがトレイル(未舗装)という事でしょうか?
観音平〜美し森は道の形からして林道かな?とも思いますがなかなか期待できそうです。JRを使って入る人を考慮してでしょうか?駅へコースを引っ張っています。

map8
これはウルトラのコースとかぶっていますか?(すいません良くわかっていません)ほとんど林道ですね。

map9
多分ほとんど舗装路です。松原湖周辺の民宿旅館街へ向かっています。
夏は高原野菜の畑を見ながら?

map10
この区間もトレイル率は高いのでしょうか?雨池付近は林道?昨年通った時は枝もかなり張り出していたし、道の真ん中に木も生えていたので
今は車は通らない(通れない?)道となっていますか?幅広いトレイルです。
将軍平がコース中の最高地点?

map11
うん〜長和町の要望か?長門牧場まで引っ張りますね。女神湖から姫木平までトレイルで繋がっているんですね。町村界の防火帯?でもこの区間は結構いけるんじゃないかな?多分・・・・




こういった一貫性を持たせたトレイルを整備するのはいいですね。ただ単に山があるだけ、ただ里の集落を歩くだけ!では人は集まらないので八ヶ岳一周、八ヶ岳山麓STといったテーマを持たせるのはいいと思います。百名山を見ればよくわかります。皆そのテーマに沿って山行計画をたてます。まあ山登りなんてもっと創造的なものだと思うのできめられたコースなどにこだわらず歩けばいいと思いますが…
まずは足を運んでもらう事が大事なので、八ヶ岳周辺を知ってもらうきっかけとしてはいいのでしょうか?



私の場合歩くと言うよりもトレラン的に考えてしまうのですが、実際に走る事を考えると途中の補給が気になります。私が知る中でコース上のコンビニは一カ所。三分一湧水上に一カ所だけですね。
コース近くとなると白樺湖の東にローソン。map3出逢公園の西2Kmに7-11。map6小淵沢IC 上にもコンビニ二軒。あと清里、野辺山駅近くの国道にもあったと思いますが?松原湖近くにも確か商店が?
自販機は結構あるのでは?このあたりは里を入れたコースだからこそですね。
ただやっぱりトレイルと銘打っている割りに舗装路が多いのが残念です。信越トレイルや高島トレイルが登山道に徹しているのに対してこちらは麓の名所、宿泊施設、駅をつなぐ設定です。このコースはそれがコンセプト、目的と言ってしまえばいいのでしょうが、車が走る道でだとね〜コースそのものの魅力薄と感じてしまいます。
トレッキングと里を歩く旅を合わせたコースと考えればいいのでしょうか?
ランナー的に言えばウルトラとトレランが融合したコースといった感じですね。

とは言え近くなのでこれは一回スルーハイクしたいですね。新聞の発表では最終的に230km程になったそうなので1日70Kmとして3日?これテント泊しながらだと相当楽しそう。ロードが多いのでもう少し行ける?でも2日連続で100Kmオーバーはきついですよね〜

これ発展させれば全コースを3分割して3日間のステージレースにするとか?
1日目 短めで車山スタート原村ペンションビレッジゴール
2日目 原村スタート松原湖ゴール
3日目 松原湖スタート車山ゴール
宿泊は地元ペンション、旅館。そしてコースにはエイド多数
どうですか?こんなレース

トレイル委員会の趣旨からは外れるのでこれは叱られますか…

では個人的に…


 
posted by hiro at 23:06| 長野 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

あ〜雪

この所急に寒くなりました。

例年だと南アや中アは11月3日辺りまでは多少雪が付いていてもまだ問題無く登れるレベル。その次の週末までに根雪がついて冬山の世界。
大体そんな感じです。

しかし今年はまだ行けそう…
先週土曜日の雨。あ〜これは上は雪だろうな〜これで今年も終わり…
そう思っていましたがなんとこの時期雨。うん〜このままならこの週末はまだ行けるかも?なんて思っていましたがついに降ってしましました。
浅間山は上半分が雪。八ヶ岳は1900mラインから上が雪。
中ア、南アもきっとそんな感じ(朝も夜も暗くて確認できず…)
走るのはもう終わりですね。

いや!

霧ヶ峰から北を攻めてみたかったのですが、これならまだ行けます。
今週末はどこかで行けるか???
posted by hiro at 06:26| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

そんなの…

本日。
外回りから帰ってきて、データ入力、請求…いそいそと励んでいると…
脇ではなんだか気になる話をしています。

キャンパーは犬を連れているだとか…
アウトドアブランドでばっちり固めた人でいっぱいだとか…
TNFにパタゴニア、コロンビア…
みんなキャンプグッズで一杯…

え〜何?何?
と聞いてみると?

この前に本栖湖のキャンプイベントに行ったんだよ。
との話。
あ〜ピロリにM瀬さんが講習やったやつでしょ?
知ってる知ってる。


えっでも何しに?

その人とてもキャンプって感じの人じゃないんですよ。

何しにそんなイベントいったの?と聞くと?

「会社でブース出したんだよ。」

え〜そうなの?
何持っていったの?
と聞くと昨年からやっているファイヤープレイス(焚き火台)
のデモだったようです。

え〜そんなのこの会社で自分行かなきゃ話にならないじゃない!!!(全然担当じゃないですが)

「そんなの聞いて無いよ!」

楽しそうじゃない。
オリエンテーリングもやっていたみたいだし。
(これはM越さん)
え〜行きたかった…


うん〜しかし実際に自分が行たら仕事そっちのけでブース探索もしくはこっそり走りに行ったかも。見透かされている?
自由に動けなかったら仕事でそんなイベントに行くのは苦痛かも。

まあ実際本業忙しくてそんなの行ってられなかったしね〜

でも…

「声掛けてくれよ〜」
posted by hiro at 23:52| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

今朝のニュース

今は千葉県袖ヶ浦市。朝のNHKニュースを見ていたら8月のツールドモンブランの映像を映していました。ほんの数分でしたがK木さんにM永さんが映ってましたよ。


番組としては今週末。土曜日の20:00よりワンダーワンダーだそうです。ってその日まで出張中!!帰宅が間に合うか?

http://www.nhk.or.jp/wonder/program/19/index.html

ここでもすこし動画が見られますよ。



あやさんのHP Adventure-J.comで先日のarjs南信州大会の模様がアップされています。

http://www.adventure-j.com/photoreport/photoreport01.html
posted by hiro at 07:15| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

気持ちよい。

一週間ぶっ通しで仕事だったので月曜日はお休みでした。
会社に居ればやる事は山程あるのですが、まあ少しは休まないとね。

そこで一日山に行ってきました!と書きたいところですが家にいればそれなりにやる事があります。だらだらと課題を済ませて午前中からお昼寝・・・眠いのです。

そして午後からは将棋頭山へ。西駒山荘のM下君のところへ行ってきました。下界はきれいに晴れていますが稜線は少し雲。基本的に晴れなので問題ありません。今日はバスクの来期のプロトモデルのテストでもあります。詳しくは言えませんが

「いいです」

そのせいなのかどうなのか?
やたらと今日は気持ちよく走れます。すごく軽快!!心拍上げてもただただ気持ちがいい。
急な斜面を走っても
歩いても気持ちいい。
天気、乾いた空気?全てが気持ちいい。なかなかこんな気持ちで走れる事なんてありません。
登山者も全くいません。
途中下ってきた二人のみ。
今は夏山と秋山の端境期。花や紅葉からは外れていますが陽気的には一番いい時なのでは?

小屋に着くとM下君暇そ〜にいや!ちゃんと地道に仕事していましたよ。なんだかんだで一時間程も立ち話してしまいました。
稜線でも今日はノースリーブでも全く問題無い位暖かかったです。

下りは久しぶりに信大コース下りました。色々道が交錯していますがとにかく下っていけば着くはずが・・・・
変な踏跡に入ってしまいました。肩の高さの笹を漕ぐ羽目になりました。今日はノースリーブに短パン(泣
やっぱり普通に下るべきですね。



ちょっと長いのやりたいですね〜
posted by hiro at 23:06| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

いい山です。

BIMGP2452.jpg

只今、奈良市に居ます。今週はずっと関西方面へ出張です。

今日の午後は予定していた仕事が入らずちょっと空きました。
天気もいいのでちょっとお山へ行く事としました。
具合良く?スティミュラスとハイドレーションもあったので、明るいうちから目の前に見える若草山へ登ってきました。ここは以前も出張ランで走った事がありますがこの天気ならかなり期待できます。街中のランはいつでもできますからね。
奈良公園は気持ちいい所です。鹿のフンの匂いが気になりますが朝は気持ち良さそうです。ゆったりとジョグしたいです。
BIMGP2457.jpgこの山はなぜか登れる期間(山開き期間)が限られていて直登で登る事ははこの時期できません。仕方なく林道を登ります。
迷う所はありません淡々と登ります。
標高差は無いのですぐです。山頂は数組の観光客。空気が澄んでいて回りの山や町がくっきり見えました。これまで登った中で一番いいですね。
関西の山はよく知らないのですが大和三山、金剛山、葛城山、二上山、生駒山は分かりました。奈良盆地の隅々まで見えます。これはまさに箱庭ですね。
南は吉野の山、北は京都の町?そしてその北の山々が見えました。標高は低いですがその分足元の町が近いです。しばらくぼーっと眺めていました。やっぱり山は眺めが良くてこそですね。

IMGP2475.jpg帰りは東海自然歩道を下りますこのコースについては以前も走っています。(確かブログにも書いた筈?)
石畳が多くて走りにくいのですがいい感じの道です。

明日の朝も登りますかね〜
posted by hiro at 23:22| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

素晴らしい!!

UTMBすごいですね〜

日本人活躍しています。

http://utmb.livetrail.net/
ここからの情報です。

K木さん
総合3位でカテゴリー(40〜49)優勝
Y山さん
総合6位でカテゴリー(40〜49)3位
Y本さん
総合8位でカテゴリー(23〜29)3位
yagiさん
総合229位でカテゴリー(23〜39)104位
M瀬さん
総合239位でカテゴリー(40〜49)2位
S木さん
総合303位でカテゴリー(23〜39)11位

上位はこんなところでしょうか?
(漏れていたらごめんなさい)
さすがTNFチームは強いですね〜(TNFのレースですし・・・)
バスクも健闘してますよ!この中に二人食い込んでます。(Y本、S木)
でもやっぱり結果をみると相当厳しいレースの様ですね〜
ビデオを見るとコースは最高ですね。あんな景色の中走ってみたいです。しかもかなり走り易そうです。まあビデオ撮るところはアクセスし易い所なんで余計のそう感じるのかもしれませんが・・・
そしてギャラリーがいいじゃないですか。日本じゃああいった雰囲気はないですよね〜


あ〜行ってみたい・・・
posted by hiro at 00:10| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

こんなところで!

 考えてみたら、今年の山は自分の住んでいる町の山には登っていないのでした。南アは手つかず、中アは何回も行っていますが麓をうろうろ
先日のビバーク講座はお隣の町ですからね〜

という事で思い立って仙丈へ行ってきました。
朝、一度は4時に起きるものの二度寝…
再び起きたのが6時前!!
一番のバスには間に合いません次の便に乗るべく支度をします。
第二便は8時05分いきなりの出遅れでやる気ダウン。
ここのバスに乗るのも久々の気がします。
大平小屋で降ろしてもらって9:00発。
ちょっと今日はTT的に行ってみました。
さすがにこの時間だと誰も登っていきません。
下ってくる人もごくわずか。すれ違いに気を遣う事がありません。
ダメですよ!!いくらTTだからといって強引に突っ込んでいっては!
森林限界越えてから失速で1:16着
基本的に晴れで日差しは強いのですが、展望はほとんどききません。
30分程山頂に居ましたが諦めて下山。
当初はそのまま甲斐駒へ行こうと思っていましたがどうも気が乗りません。バスで下る事にしました。

ここの長衛荘はこの夏から管理人が変わったと新聞で読みました。今秋は仕事でも来る事にもなるのでちょっと挨拶。と思い小屋の中へ。
経営が変わるとはこういう事なんですね。食事メニューや飲み物、売店で売っているもの、レイアウト…いろいろが大胆に変わっていました。
やる気があります。
活気があっていいです。(おいしいコーヒーが飲めます!)
主人を呼んでもらいまずは自己紹介。
すると

「あ〜あ〜知ってますよ。」
「山走ってる…」
「SimさんやKさんも知ってますよね〜」
「会社のこまっちゃんも知ってますよ〜」

むむ私は初めてお会いする筈ですが…

話をしてみるとかつての鹿嶺トレイルの調査をしている時にMTBのコースとしての活用を探っている人がいる。と聞いていましたがその彼でした。さらに話を聞くと薪ストーブ(ここも、彼も私もFA285ユーザー)、登山関係、林業関係、信州大学関係、市役所、Kさん絡み等々
繋がってます。あっちこっちで…
思わず話込んでしまいました。

同系列の人間はどこへ行ってもやっぱり近いのでしょうか?

意外なところでの出会いでした。
posted by hiro at 18:21| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。