2007年05月19日

もう昔の話ですが

ちょと前に書いた「ランナーズ6月号」トレイルランニング特集ですが、記事を読んでいる中懐かしい名前を見かけました。

「野○文男」さん

ニュージーランド(以下NZ)のトレイルランニング事情について書いています。が、なぜこの方の名前が懐かしいか?

私、昔の話ですが92年にNZに行っていました。その期間およそ70日。
何してたかって?キャンプをしながらバイク(MTB)でこの国を縦断して要所要所でトランピング(トレッキング)する生活です。
えっ仕事?
あまり深く聞かないで下さい。
自分探しの旅!
とでもしておいて下さい。

その途中、ミルフォードトラック(NZでは遊歩道や登山道の事をトラックと言います)を歩きました。そこは世界一美しい散歩道と言われるほど素晴らしいコースです。自然保護の観点から1日の入山者が制限されていて泊まる場所、日程は入山の日を決めた時点で全て決められています。世界中からそのコースを歩きに来るため予約が必要です。
しかし私が行った時期は4月初め初冬です。もうシーズン終わりに近いため現地へ行っての申込みで歩けました。

ここはフィヨルド地形(U字谷)の底を歩きます。噂に違わず素晴らしく美しいコースでした。特にあの森の美しさはちょっと他ではお目にかかれません。そこのコースを3泊で歩いてその後は終点のミルフォードサウンドにあるミルフォードロッジに宿泊しました。そこでその野○さん夫妻にお会いしたんです。(前置きが長い!)
そこでのお話で

・雑誌ランナーズの編集の仕事をしている
・休職して数ヶ月の予定でNZに来ている
・御岳スーパートライアスロンで優勝している

日本に帰ってきてから知りましたが、かなり有名な方だったようです。その年の御岳でも優勝したのをテレビで見ました。
ランナーズの記事で度々みかけていましたが・・・
今はNZに住んでいるんですね。
あの時のNZ行きはもしかしたらそのための下調べだったのかも?
とも思いました。
しばらくは年賀状のやりとりをしていましたが、もう覚えていないでしょうね〜

そういえばオークランドに着いた時、ほぼ同時に日本からの直行便が到着した様で、NZアイアンマンに出場する選手が沢山いました。私は一人隅でバイクを組み立てているところに一人の日本人が近寄ってきました。顔を見ると!
オオ〜トップアスリート宮塚さんじゃないですか。
日本にいるときはシクロクロスのカテゴリー1(最上級クラス)で一緒に走っていたので私は面識ありました。当然あちらは全く私の事など知りませんでしたが。(私なんか一、凡選手ですので・・・)
トライアスリートは中山さんに白戸さん飯島さんトップクラスは沢山走っていましたね〜




もう昔の話です。
posted by hiro at 07:46| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ミルフォード・サウンドミルフォード・サウンド(Milford Sound)はニュージーランドの南島の南西部にあるフィヨルド。テ・ワヒポウナムの一部としてユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている。..
Weblog: ニュージーランドに夢中☆
Tracked: 2008-02-27 14:03

2007年05月19日

もう昔の話ですが

ちょと前に書いた「ランナーズ6月号」トレイルランニング特集ですが、記事を読んでいる中懐かしい名前を見かけました。

「野○文男」さん

ニュージーランド(以下NZ)のトレイルランニング事情について書いています。が、なぜこの方の名前が懐かしいか?

私、昔の話ですが92年にNZに行っていました。その期間およそ70日。
何してたかって?キャンプをしながらバイク(MTB)でこの国を縦断して要所要所でトランピング(トレッキング)する生活です。
えっ仕事?
あまり深く聞かないで下さい。
自分探しの旅!
とでもしておいて下さい。

その途中、ミルフォードトラック(NZでは遊歩道や登山道の事をトラックと言います)を歩きました。そこは世界一美しい散歩道と言われるほど素晴らしいコースです。自然保護の観点から1日の入山者が制限されていて泊まる場所、日程は入山の日を決めた時点で全て決められています。世界中からそのコースを歩きに来るため予約が必要です。
しかし私が行った時期は4月初め初冬です。もうシーズン終わりに近いため現地へ行っての申込みで歩けました。

ここはフィヨルド地形(U字谷)の底を歩きます。噂に違わず素晴らしく美しいコースでした。特にあの森の美しさはちょっと他ではお目にかかれません。そこのコースを3泊で歩いてその後は終点のミルフォードサウンドにあるミルフォードロッジに宿泊しました。そこでその野○さん夫妻にお会いしたんです。(前置きが長い!)
そこでのお話で

・雑誌ランナーズの編集の仕事をしている
・休職して数ヶ月の予定でNZに来ている
・御岳スーパートライアスロンで優勝している

日本に帰ってきてから知りましたが、かなり有名な方だったようです。その年の御岳でも優勝したのをテレビで見ました。
ランナーズの記事で度々みかけていましたが・・・
今はNZに住んでいるんですね。
あの時のNZ行きはもしかしたらそのための下調べだったのかも?
とも思いました。
しばらくは年賀状のやりとりをしていましたが、もう覚えていないでしょうね〜

そういえばオークランドに着いた時、ほぼ同時に日本からの直行便が到着した様で、NZアイアンマンに出場する選手が沢山いました。私は一人隅でバイクを組み立てているところに一人の日本人が近寄ってきました。顔を見ると!
オオ〜トップアスリート宮塚さんじゃないですか。
日本にいるときはシクロクロスのカテゴリー1(最上級クラス)で一緒に走っていたので私は面識ありました。当然あちらは全く私の事など知りませんでしたが。(私なんか一、凡選手ですので・・・)
トライアスリートは中山さんに白戸さん飯島さんトップクラスは沢山走っていましたね〜




もう昔の話です。
posted by hiro at 07:46| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ミルフォード・サウンドミルフォード・サウンド(Milford Sound)はニュージーランドの南島の南西部にあるフィヨルド。テ・ワヒポウナムの一部としてユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている。..
Weblog: ニュージーランドに夢中☆
Tracked: 2008-02-27 14:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。