2012年04月22日

デビュー戦

 本日我家の長男(小2)がマラソン大会デビューしました。
一ヶ月半?程前に地区でマラソン大会(2km)があるとのチラシが回ってきました。
「おっこんなのあるよ?」
と言ったら即「出たい」
との反応。判ってる?走るって疲れるよ?
しかし出たいとの事。正直これまでに子供と一緒にランニングはした事ありません。やっている事とすれば私だけランニングで子供、妻が自転車。これで15km程走った事は何回かあります。この程度。
これで走る事の大変さ分かっているのか?多分分かっていない。
 しかし思い返せばそんなスタイル(3人)で走っている私はすごく楽しかった。やっている事は単純で単に走っているだけだけど、時間に追われる事も無く純粋に走る事が楽しかった。それをずっと後ろから見ていました。
走る事の辛さよりも、楽しさを感じてくれた。子供自身は走っていなかったので、それはイメージでしかありませんが「走る事は楽しそうだ」そう感じてくれたのは確かなようです。
うん〜これは嬉しい。私としては非常に嬉しい。
小学生にランニングの楽しさを教えるって難しいと思います。
わざわざ疲れる事しなくたって・・・
そう思われることが多いと思います。他に楽しい事、面白い事沢山ありますからね。
それがなんとなくやっていたサイクリングを通して感じてくれた。
よかった!

出場が決まってからは何回か一緒に走りに行きました。フォームや着地の仕方、ペースなんか教えようとしますが、なかなか・・・まあ走っているだけで楽しいかったようです。終始笑顔(^。^)だったのでまあこれでいいです。

とりあえずお友達も出ていて一緒に完走したようです。(私は仕事で見にいけず・・・)

次のトレイルレースデビュー戦は「戸隠マウンテントレイル キッズクラス」
この楽しさが分かる?
posted by hiro at 22:52| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2012年04月22日

デビュー戦

 本日我家の長男(小2)がマラソン大会デビューしました。
一ヶ月半?程前に地区でマラソン大会(2km)があるとのチラシが回ってきました。
「おっこんなのあるよ?」
と言ったら即「出たい」
との反応。判ってる?走るって疲れるよ?
しかし出たいとの事。正直これまでに子供と一緒にランニングはした事ありません。やっている事とすれば私だけランニングで子供、妻が自転車。これで15km程走った事は何回かあります。この程度。
これで走る事の大変さ分かっているのか?多分分かっていない。
 しかし思い返せばそんなスタイル(3人)で走っている私はすごく楽しかった。やっている事は単純で単に走っているだけだけど、時間に追われる事も無く純粋に走る事が楽しかった。それをずっと後ろから見ていました。
走る事の辛さよりも、楽しさを感じてくれた。子供自身は走っていなかったので、それはイメージでしかありませんが「走る事は楽しそうだ」そう感じてくれたのは確かなようです。
うん〜これは嬉しい。私としては非常に嬉しい。
小学生にランニングの楽しさを教えるって難しいと思います。
わざわざ疲れる事しなくたって・・・
そう思われることが多いと思います。他に楽しい事、面白い事沢山ありますからね。
それがなんとなくやっていたサイクリングを通して感じてくれた。
よかった!

出場が決まってからは何回か一緒に走りに行きました。フォームや着地の仕方、ペースなんか教えようとしますが、なかなか・・・まあ走っているだけで楽しいかったようです。終始笑顔(^。^)だったのでまあこれでいいです。

とりあえずお友達も出ていて一緒に完走したようです。(私は仕事で見にいけず・・・)

次のトレイルレースデビュー戦は「戸隠マウンテントレイル キッズクラス」
この楽しさが分かる?
posted by hiro at 22:52| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。