2011年09月10日

もうすぐTDG

TDG(Tor des Géants )日本語読みだと「トルデジアン」
私が今一番興味のあるレース。
なんと驚きの

距離   330Km
標高差 24000m
制限時間 150時間

これがフルサポート!
50mおきのフラッグ(これで迷わない!)
全ての山小屋はフリーで使用可
いくつかのレスキューポイントにエイドステーション
シャワーなんかもある。

これだけ長いと睡眠無しでは無理ですし、ペースもぐっと落ちるでしょうが感覚的にはUTMBの延長といったところでしょうか?この内容を見ればTJARと比べてしまいますが、全く趣は違うでしょうね。
至れり尽くせりのサポートがあるTDG
ほとんどサポートの無いTJAR
似た様なレースに見えますが運営的には対極にあるような感じです。
確実に食糧、水が受け取れる、24時間対応OK、テント、シュラフはいらない、救急体制あり、
これだけで相当荷物が減らせますし、精神的な安心感も生まれます。

TDG
走る事に専念できるトレランの長いレース

TJAR
生活の事も考えながら走る登山マラソンの長いレース

と言ったらいいでしょうか?

しかしこの内容にはそそられますね。これ絶対に楽しいと思います。
なんでもロード区間は極めて少なく、ほとんどが登山道だとか?その代わりに標高の振幅がすごく激しいらしいですが?
いや〜絶対にいいな〜
これ絶対に面白い

しかし・・・
150時間(6日と6時間)って事はレース前の移動(長野からの移動も含んで)2日?事前準備で最低2日は現地で欲しい。レース後も少し時間を・・なんていってると?約2週間!うん〜これだけの休みをこの時期に取るのは・・・・

まず無理!

永遠に憧れのレースになりそうです。(泣

そうそうTJAR参加選手からも望月、間瀬の2人がチャレンジします。レースの組み立て、ペースなど大分違うと思いますが、あの距離、あの時間を経験しているのは、大きなアドバンテージになっているはずです。あの2人ならばきっといい所見せてくれると思います。
*2人と思って名簿見ていたら、なんともう一人S田さんがいました。
どうも最終リストを見ると日本人は13人エントリー1人DNS?

スタートは11日10:00{日本時間で11日17時〜(サマータイム時期だからこれでいいのかな?)}
昨年の優勝タイムが80時間26分23秒だそうです。トップクラスでも前後の差が相当あるみたいです。

それいけ〜

posted by hiro at 00:48| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2011年09月10日

もうすぐTDG

TDG(Tor des Géants )日本語読みだと「トルデジアン」
私が今一番興味のあるレース。
なんと驚きの

距離   330Km
標高差 24000m
制限時間 150時間

これがフルサポート!
50mおきのフラッグ(これで迷わない!)
全ての山小屋はフリーで使用可
いくつかのレスキューポイントにエイドステーション
シャワーなんかもある。

これだけ長いと睡眠無しでは無理ですし、ペースもぐっと落ちるでしょうが感覚的にはUTMBの延長といったところでしょうか?この内容を見ればTJARと比べてしまいますが、全く趣は違うでしょうね。
至れり尽くせりのサポートがあるTDG
ほとんどサポートの無いTJAR
似た様なレースに見えますが運営的には対極にあるような感じです。
確実に食糧、水が受け取れる、24時間対応OK、テント、シュラフはいらない、救急体制あり、
これだけで相当荷物が減らせますし、精神的な安心感も生まれます。

TDG
走る事に専念できるトレランの長いレース

TJAR
生活の事も考えながら走る登山マラソンの長いレース

と言ったらいいでしょうか?

しかしこの内容にはそそられますね。これ絶対に楽しいと思います。
なんでもロード区間は極めて少なく、ほとんどが登山道だとか?その代わりに標高の振幅がすごく激しいらしいですが?
いや〜絶対にいいな〜
これ絶対に面白い

しかし・・・
150時間(6日と6時間)って事はレース前の移動(長野からの移動も含んで)2日?事前準備で最低2日は現地で欲しい。レース後も少し時間を・・なんていってると?約2週間!うん〜これだけの休みをこの時期に取るのは・・・・

まず無理!

永遠に憧れのレースになりそうです。(泣

そうそうTJAR参加選手からも望月、間瀬の2人がチャレンジします。レースの組み立て、ペースなど大分違うと思いますが、あの距離、あの時間を経験しているのは、大きなアドバンテージになっているはずです。あの2人ならばきっといい所見せてくれると思います。
*2人と思って名簿見ていたら、なんともう一人S田さんがいました。
どうも最終リストを見ると日本人は13人エントリー1人DNS?

スタートは11日10:00{日本時間で11日17時〜(サマータイム時期だからこれでいいのかな?)}
昨年の優勝タイムが80時間26分23秒だそうです。トップクラスでも前後の差が相当あるみたいです。

それいけ〜

posted by hiro at 00:48| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。