2010年08月23日

4日目(8/11)

4日目

短くなったとは言えそこは中央アルプス。なめてはいけません。

*まだ10日ですがシュラフを出して寝た時が一日の区切りとしていたので、私の中では11日となりました。

17:00起床
途中井上さんが到着したのは見ました。どうも出発した様です。
奥野さんもびしょ濡れで着いたのは見ました。まだ寝ている様です。
四俣さんは寝ています。
泉さんは発っています。
ブログをチェックすると皆の動向が読めます。あまりじっくりは見ていられませんが自分の関係している所はしっかり読みます。ここでの応援が嬉しいです。
17:58発

8合目 21:00
ここの水場で水の補給。何だか登山道わきで何か動いている気がしますが…気のせい?
夜、雨、霧で周りの様子は全くわかりません。ライトが照らす所の情報のみで登っていきます。
玉ノ窪小屋、頂上木曽小屋はスルー
この辺りは岩がほとんどなので濡れると道が非常に分かりにくいのです。コースロープのみを見て進みます。


駒ケ岳22:00? 23:00?定かではない
下山路もロープのみが頼り。良く判っているはずのこの道ですが夜だと非常に分かりにくいのです。
ロープを見逃さぬ様慎重に行きます。
降り向くとライトの明かり。いいペースです。中岳頂上で合流。
四俣さんでした。この先は宝剣の岩場があります。
私は集中力が弱くなっています。半分夢の中の様な…
お互いの集中力を保つため一緒に行く事としました。
一歩一歩、一手一手を確実にいきます。
毎年中アは夜でガス、雨なんです。どうもいい印象がありません。
極楽平からは楽々な筈ですがどうも私のペースが良くありません。
眠いのです。
立ったまま寝てしまいます。歩いていたと思ったらいきなり立ち止まってzzzz…
「どうしました?」
の声に
「んっ…行く」
四俣さんが先に行けば
私は勝手に途中でzzzz…
探しに来てくれます。
弱ったものだ!
おまけに檜尾があまりに遠い!こんな筈無い!と怒り出す。(半分寝ているのにね)
よっぱらい親父ならぬ、ねぼけ親父で四俣さんにはご迷惑かけました。

檜尾岳3:33
ここからの下りはうん〜
歩きにくい。走るって感じじゃないですね。
足は湿っていてブヨブヨ。こんな状態で走ると一気に豆ができます。足にやさしくいきます。
しかしこの下りは長いです。

檜尾橋 6:15
かなり時間がかかりましたね〜パッキングし直してロードを下ります。
足に優しく!

菅の台 6:47
靴下の履き替えウエアの着替えで身支度を整えます。濡れ物はザックの外にくくりつけて干します。
ここは私の地元でもあります。菅の台下ではsugiさんがバイクで応援に来てくれました。ブログで動きを見てきてくれました。彼はバイク(自転車)、アドベンチャーレースで日本代表になる程の人。基本的にこんなエンデュランスが好きなのです。あまりにおバカすぎる企画なので面白くて見に来てくれましたか?さらに先では家族が来てくれました。すき家で合流して朝食としました。
2人は帰省で名古屋に行く途中なのです。走らせてもらって2人には感謝です。
写真撮っていると間瀬さん登場。マックにいたそうです。

BIMGP3484.jpg BIMGP3487.jpg BIMGP3489.jpg

すき家7:40〜8:25
がっつり食べるよ!で頼んだ物は?
特盛りうな丼に冷奴、野菜サラダ、味噌汁。普通?意外と舌に響いて美味しいのは味噌汁。塩気のあるスープが
体にしみます。ここではちょっとゆっくり。

BIMGP3492.jpg BIMGP3494.jpg


南アからの行動食はすべてデポで送ってあるので、駒ヶ根では市野瀬までの数時間分の食べ物を調達すればいいのです。コンビニで買いすぎない様にします。

市野瀬
宮下さんが寝ています。ここに居るの長すぎじゃ?
取りあえず荷物を解いて風呂です。と思ったらレストランの営業時間の都合で先に食事です。唐揚げ定食。白いご飯が旨い!!宮下夫妻、四俣さんとでテーブルを囲みます。
風呂ではとにかく疲労を抜くためのマッサージに専念します。このレースでは時間を気にするあまり風呂に入らずに行く選手が多いですが、多少時間がかかろうともこの風呂でのマッサージは絶対に有効です。その後が全く変わってきます。
今回も間接問題無し、捻挫無し、足裏問題無し。いい感じです。

後はとにかく眠る事に意識を向けます。
posted by hiro at 22:45| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | TJAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hiroさん おはようございます♪

中央道を来る前走ってても 眠くなるほど眠りに弱い私…
寝ずに動き続けれる タフな皆さんに びっくりです!

ご家族との つかの間のお食事 
これも 良い思い出になった事でしょうね〜☆
皆さん 普段は食べれないような量を ペロリと!
カラダが欲してるんでしょうね 注文した食べ物の内容も 観てて楽しいです!


Posted by matsunorida at 2010年08月24日 08:19
matsunoridaさん

中アは眠かったですね。全てが夜でした。やっぱり人間、夜は寝るべきですね。
体の具合、食事、ペース管理なんかで集中している中、知り合いや家族に会うとホッとします。
Posted by hiro at 2010年08月24日 09:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2010年08月23日

4日目(8/11)

4日目

短くなったとは言えそこは中央アルプス。なめてはいけません。

*まだ10日ですがシュラフを出して寝た時が一日の区切りとしていたので、私の中では11日となりました。

17:00起床
途中井上さんが到着したのは見ました。どうも出発した様です。
奥野さんもびしょ濡れで着いたのは見ました。まだ寝ている様です。
四俣さんは寝ています。
泉さんは発っています。
ブログをチェックすると皆の動向が読めます。あまりじっくりは見ていられませんが自分の関係している所はしっかり読みます。ここでの応援が嬉しいです。
17:58発

8合目 21:00
ここの水場で水の補給。何だか登山道わきで何か動いている気がしますが…気のせい?
夜、雨、霧で周りの様子は全くわかりません。ライトが照らす所の情報のみで登っていきます。
玉ノ窪小屋、頂上木曽小屋はスルー
この辺りは岩がほとんどなので濡れると道が非常に分かりにくいのです。コースロープのみを見て進みます。


駒ケ岳22:00? 23:00?定かではない
下山路もロープのみが頼り。良く判っているはずのこの道ですが夜だと非常に分かりにくいのです。
ロープを見逃さぬ様慎重に行きます。
降り向くとライトの明かり。いいペースです。中岳頂上で合流。
四俣さんでした。この先は宝剣の岩場があります。
私は集中力が弱くなっています。半分夢の中の様な…
お互いの集中力を保つため一緒に行く事としました。
一歩一歩、一手一手を確実にいきます。
毎年中アは夜でガス、雨なんです。どうもいい印象がありません。
極楽平からは楽々な筈ですがどうも私のペースが良くありません。
眠いのです。
立ったまま寝てしまいます。歩いていたと思ったらいきなり立ち止まってzzzz…
「どうしました?」
の声に
「んっ…行く」
四俣さんが先に行けば
私は勝手に途中でzzzz…
探しに来てくれます。
弱ったものだ!
おまけに檜尾があまりに遠い!こんな筈無い!と怒り出す。(半分寝ているのにね)
よっぱらい親父ならぬ、ねぼけ親父で四俣さんにはご迷惑かけました。

檜尾岳3:33
ここからの下りはうん〜
歩きにくい。走るって感じじゃないですね。
足は湿っていてブヨブヨ。こんな状態で走ると一気に豆ができます。足にやさしくいきます。
しかしこの下りは長いです。

檜尾橋 6:15
かなり時間がかかりましたね〜パッキングし直してロードを下ります。
足に優しく!

菅の台 6:47
靴下の履き替えウエアの着替えで身支度を整えます。濡れ物はザックの外にくくりつけて干します。
ここは私の地元でもあります。菅の台下ではsugiさんがバイクで応援に来てくれました。ブログで動きを見てきてくれました。彼はバイク(自転車)、アドベンチャーレースで日本代表になる程の人。基本的にこんなエンデュランスが好きなのです。あまりにおバカすぎる企画なので面白くて見に来てくれましたか?さらに先では家族が来てくれました。すき家で合流して朝食としました。
2人は帰省で名古屋に行く途中なのです。走らせてもらって2人には感謝です。
写真撮っていると間瀬さん登場。マックにいたそうです。

BIMGP3484.jpg BIMGP3487.jpg BIMGP3489.jpg

すき家7:40〜8:25
がっつり食べるよ!で頼んだ物は?
特盛りうな丼に冷奴、野菜サラダ、味噌汁。普通?意外と舌に響いて美味しいのは味噌汁。塩気のあるスープが
体にしみます。ここではちょっとゆっくり。

BIMGP3492.jpg BIMGP3494.jpg


南アからの行動食はすべてデポで送ってあるので、駒ヶ根では市野瀬までの数時間分の食べ物を調達すればいいのです。コンビニで買いすぎない様にします。

市野瀬
宮下さんが寝ています。ここに居るの長すぎじゃ?
取りあえず荷物を解いて風呂です。と思ったらレストランの営業時間の都合で先に食事です。唐揚げ定食。白いご飯が旨い!!宮下夫妻、四俣さんとでテーブルを囲みます。
風呂ではとにかく疲労を抜くためのマッサージに専念します。このレースでは時間を気にするあまり風呂に入らずに行く選手が多いですが、多少時間がかかろうともこの風呂でのマッサージは絶対に有効です。その後が全く変わってきます。
今回も間接問題無し、捻挫無し、足裏問題無し。いい感じです。

後はとにかく眠る事に意識を向けます。
posted by hiro at 22:45| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | TJAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hiroさん おはようございます♪

中央道を来る前走ってても 眠くなるほど眠りに弱い私…
寝ずに動き続けれる タフな皆さんに びっくりです!

ご家族との つかの間のお食事 
これも 良い思い出になった事でしょうね〜☆
皆さん 普段は食べれないような量を ペロリと!
カラダが欲してるんでしょうね 注文した食べ物の内容も 観てて楽しいです!


Posted by matsunorida at 2010年08月24日 08:19
matsunoridaさん

中アは眠かったですね。全てが夜でした。やっぱり人間、夜は寝るべきですね。
体の具合、食事、ペース管理なんかで集中している中、知り合いや家族に会うとホッとします。
Posted by hiro at 2010年08月24日 09:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。