2010年08月21日

2日目(8/9)

2日目

北アの気持ちいい稜線。でも孤独な一日。

ボタン…

ボタ…

ボタボタ…

ツエルトを叩く雨音で目覚めました。

うわっ歩きだしから雨かよ憂鬱…
歩きだす前に止まないかな…
ん?所で何時?

うお〜目を疑います。
なんと1:08!!
予定では23:00には起きて24:00には出発するつもりでいたのです。
腕時計でアラームを何回も鳴る様にセットしてありましたが音量が小さく全く気付きませんでした。大慌てでパッキングします。お湯沸かしてご飯作るつもりでいましたが行動食でカバーします。1:33発
快適すぎる睡眠も問題ね…
すぐ近くに張っていた奥野さんに泉さんの姿は無し…

さみしい(泣

北薬師の手前で緑ちゃんをパスします。1:00にスゴを出たらしいけれど調子は悪そうね。どんどん差が付く。
北薬師岳 3:05
薬師岳  3:39
太郎平小屋5:09〜5:48
小屋の売店はやっていたのでカップめんを食べる。ここはメール連絡ポイントだけど微妙な所で送れず。出発間際に四俣さん到着。
ここからはなだらかな山稜で登りでも走れます。天気もまずまずで気持ちいい!!
BIMGP3424.jpg
いいね〜この道

BIMGP3431.jpg<
手前より北ノ俣岳に黒部五郎岳左奥が槍で右奥が笠。まだまだ遠い。

BIMGP3435.jpg
振り返って太郎山方面。このたおやかな山容たまりません。

BIMGP3436.jpg
薬師、立山方面。うん〜歩いてきたね〜
しみじみ・・・・

BIMGP3440.jpg
槍と穂高が見えてきた。この谷の奥左側が黒部五郎小舎。
頼むご飯残ってって!!

黒部五郎の肩では登山者より拍手で迎えられます。その後この中の1人と南アの聖平小屋で再び会う事となります。
黒部五郎小舎9:30~9:59

BIMGP3444.jpg BIMGP3447.jpg

ここでは選手はおらず…
さっそくご飯物です。無難にカレーかな?
日差しはあるので濡れ物全部広げて乾かします。
そのうちに四俣さん到着。どうも彼が頼んだカレーが最後のご飯だった様です。そうこの小屋は到着が遅いとご飯物が食べられないのです。
三俣蓮華岳 11:06
双六小屋 12:05~12:31
やっと泉さんに追いつきました。レース中に選手に会うのはそれだけでうれしいのです。
ここでも再びカレー。槍までのパワー充填です。

BIMGP3448.jpg

ここから先が私のtjar3大嫌な区間です。正確には千丈乗越から肩までの登りです。
例年ここは疲れとエネルギー不足でいつもへたれます。
しかし意外とすんなり通過できました。タイム的には例年と変わりませんが体の負荷は明らかに楽になっています。
槍ケ岳山荘 15:48〜15:51
補給無しでスルー

BIMGP3456.jpg

この写真の後10秒後には再びガスの中。
つかのまの槍ケ岳。

槍沢ロッジでカップめん17:26〜17:41
横尾18:22
徳沢19:00
明神19:32
上高地20:01〜20:17 通過確認のメール送る
例年と比べてタイムはほとんど同じ。特別良くは無いですが悪くはありません。この調子で進む事とします。いつもはここで泊まっていますが、できればもう少し先に進みたいところです。沢渡を目指して進みます。

しかし…

先に進むも舗装路が満足に走れません。
うん〜
時間がかかる割に距離が稼げません。
休んだ方がいいか?
どうする?
考えた末釜トンネル入り口の脇(旧釜トン入り口)で寝る事とします。幸いにもゲート管理人の許可を得られました。
トンネルを吹き抜ける風が寒い・・・・
到着時間不明
posted by hiro at 22:57| 長野 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | TJAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hiroさん おはようございます♪

TJARは 山小屋のゴハン時間との戦い でもあるんですね!
限られた数なので どうしてもそうなっちゃいますよね
勉強になります!

山の景色が 美しいです〜★
Posted by matsunorida at 2010年08月22日 07:46
うん〜
大きい小屋はそんな事無いのですが、小さい小屋は到着が遅いと無い。そういった傾向はありますか…
でも逆にメニューに無い対応をしてくれるのは小さい小屋です。

それも含めての作戦?

北アは比較的天気はよかったですね。
Posted by hiro at 2010年08月22日 08:27
遅くなりましたが、TJARでは大変お世話になりました。みなさんと本当に素晴らしい時間を過ごすことができました。
私も、仕事の合間、こっそりと反省日記をしたためていました。本日無事完成。hiroさんの3日目以降楽しみにしています。
Posted by funachi at 2010年08月22日 10:55
funachiさん

こちらこそ楽しませてもらいました。
実際一緒にいたのは剣近辺だけでしたが、見えない背中をずっと追っていましたよ。

そちらの反省日記?レポも読みたいですね。どこかで発表しませんか?
他の人が何を考えていたのかすごく知りたいです。
Posted by hiro at 2010年08月22日 18:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160167981

この記事へのトラックバック

2010年08月21日

2日目(8/9)

2日目

北アの気持ちいい稜線。でも孤独な一日。

ボタン…

ボタ…

ボタボタ…

ツエルトを叩く雨音で目覚めました。

うわっ歩きだしから雨かよ憂鬱…
歩きだす前に止まないかな…
ん?所で何時?

うお〜目を疑います。
なんと1:08!!
予定では23:00には起きて24:00には出発するつもりでいたのです。
腕時計でアラームを何回も鳴る様にセットしてありましたが音量が小さく全く気付きませんでした。大慌てでパッキングします。お湯沸かしてご飯作るつもりでいましたが行動食でカバーします。1:33発
快適すぎる睡眠も問題ね…
すぐ近くに張っていた奥野さんに泉さんの姿は無し…

さみしい(泣

北薬師の手前で緑ちゃんをパスします。1:00にスゴを出たらしいけれど調子は悪そうね。どんどん差が付く。
北薬師岳 3:05
薬師岳  3:39
太郎平小屋5:09〜5:48
小屋の売店はやっていたのでカップめんを食べる。ここはメール連絡ポイントだけど微妙な所で送れず。出発間際に四俣さん到着。
ここからはなだらかな山稜で登りでも走れます。天気もまずまずで気持ちいい!!
BIMGP3424.jpg
いいね〜この道

BIMGP3431.jpg<
手前より北ノ俣岳に黒部五郎岳左奥が槍で右奥が笠。まだまだ遠い。

BIMGP3435.jpg
振り返って太郎山方面。このたおやかな山容たまりません。

BIMGP3436.jpg
薬師、立山方面。うん〜歩いてきたね〜
しみじみ・・・・

BIMGP3440.jpg
槍と穂高が見えてきた。この谷の奥左側が黒部五郎小舎。
頼むご飯残ってって!!

黒部五郎の肩では登山者より拍手で迎えられます。その後この中の1人と南アの聖平小屋で再び会う事となります。
黒部五郎小舎9:30~9:59

BIMGP3444.jpg BIMGP3447.jpg

ここでは選手はおらず…
さっそくご飯物です。無難にカレーかな?
日差しはあるので濡れ物全部広げて乾かします。
そのうちに四俣さん到着。どうも彼が頼んだカレーが最後のご飯だった様です。そうこの小屋は到着が遅いとご飯物が食べられないのです。
三俣蓮華岳 11:06
双六小屋 12:05~12:31
やっと泉さんに追いつきました。レース中に選手に会うのはそれだけでうれしいのです。
ここでも再びカレー。槍までのパワー充填です。

BIMGP3448.jpg

ここから先が私のtjar3大嫌な区間です。正確には千丈乗越から肩までの登りです。
例年ここは疲れとエネルギー不足でいつもへたれます。
しかし意外とすんなり通過できました。タイム的には例年と変わりませんが体の負荷は明らかに楽になっています。
槍ケ岳山荘 15:48〜15:51
補給無しでスルー

BIMGP3456.jpg

この写真の後10秒後には再びガスの中。
つかのまの槍ケ岳。

槍沢ロッジでカップめん17:26〜17:41
横尾18:22
徳沢19:00
明神19:32
上高地20:01〜20:17 通過確認のメール送る
例年と比べてタイムはほとんど同じ。特別良くは無いですが悪くはありません。この調子で進む事とします。いつもはここで泊まっていますが、できればもう少し先に進みたいところです。沢渡を目指して進みます。

しかし…

先に進むも舗装路が満足に走れません。
うん〜
時間がかかる割に距離が稼げません。
休んだ方がいいか?
どうする?
考えた末釜トンネル入り口の脇(旧釜トン入り口)で寝る事とします。幸いにもゲート管理人の許可を得られました。
トンネルを吹き抜ける風が寒い・・・・
到着時間不明
posted by hiro at 22:57| 長野 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | TJAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hiroさん おはようございます♪

TJARは 山小屋のゴハン時間との戦い でもあるんですね!
限られた数なので どうしてもそうなっちゃいますよね
勉強になります!

山の景色が 美しいです〜★
Posted by matsunorida at 2010年08月22日 07:46
うん〜
大きい小屋はそんな事無いのですが、小さい小屋は到着が遅いと無い。そういった傾向はありますか…
でも逆にメニューに無い対応をしてくれるのは小さい小屋です。

それも含めての作戦?

北アは比較的天気はよかったですね。
Posted by hiro at 2010年08月22日 08:27
遅くなりましたが、TJARでは大変お世話になりました。みなさんと本当に素晴らしい時間を過ごすことができました。
私も、仕事の合間、こっそりと反省日記をしたためていました。本日無事完成。hiroさんの3日目以降楽しみにしています。
Posted by funachi at 2010年08月22日 10:55
funachiさん

こちらこそ楽しませてもらいました。
実際一緒にいたのは剣近辺だけでしたが、見えない背中をずっと追っていましたよ。

そちらの反省日記?レポも読みたいですね。どこかで発表しませんか?
他の人が何を考えていたのかすごく知りたいです。
Posted by hiro at 2010年08月22日 18:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160167981

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。