2010年05月30日

3〜4日目

BIMG_0279.JPG

キャンプの朝はいつも早起き。まだ皆が動きだす前の静寂感が好きです。
ここのキャンプ場は広々していて非常に気持ちよいのです。
昨晩の焚き火に再び火を入れます。静かにコーヒータイム
以前来たのは10年以上前ですがその時も良かった印象があります。

本日は特に歩く予定はありません。近くのキャンプ場は移動するのみです。朝食摂ってすぐ横の天竜川で魚釣り。今回ルアーの道具一式持ってきています。天竜川との事ですが水がやけに綺麗。しかしこの水のほとんどは支流の大千瀬川のものみたいです。
道理で・・・
天竜川がこんなに綺麗なはずが無い
釣果は?


全く反応無し

11:38中部天竜から電車に乗って浦川へ移動
ここの浦川キャンプ場は駅からすぐ近くにあってキャンプ場が川の中州にあるのです。中州へは吊橋を渡っていきます。車は乗り入れできないのです。という事はオートキャンプ不可。キャンプ客はリアカーに荷物を載せて乗り込みます。
静かでシンプルにキャンプを楽しみたいバックパッカーにとっては、こんな設定の方が良いのです。
とは言えスペース狭めです。

テント設営してまずはお買物。昨日はかろうじてビールと少しの食材は入手できましたが基本的に満たされていません。色んな物から選びたいのです。キャンプ場と提携?しているスーパーへ。ここなら10%オフになります。
小さい町ですがスーパーには一通り揃っています。肉も魚もあります。
物があって選択の自由がある事は基本的に嬉しいのですが・・・
勝手なのですが山あいの町ならそれらしく絶対的に物が無い状態もちょっと期待してしまいます。刺身が普通に置いてあるのを見るとちょっと興ざめ。勝手です。すごく勝手なんですが山あいのスーパーならばそれらしくあって欲しい。とも思うのです。


 あとは何も予定無し。川はすぐ横なので魚釣りにお昼寝。夕方からは焚き火です。今回は全てのキャンプ場で焚き火OKでした。子供は本当の火を目の前にいじりたくて仕方ありません。家では薪ストーブで「火」は知っていますが基本的に触らせません。マッチ擦れる事と火を操れる事は全く違うからです。今回は大人が見ているからいいでしょう。
ちょっと火傷くらいして怖さをこういう時に知った方がいいのです。
昨今はIHに電子レンジが普通です。そのうちに火で調理する事知らなかったり、火を見た事無いなんて子供も出てくるかもしれません。
いい機会です。
質素な食事ですが火を見ながらなんて贅沢な時間です。

4日目

昔からずっとやりたかった事
焚き火の火を見ながら寝る事です。
実際やってみました。
シュラフは夏用で少し寒かったですが気持ちよかったですよ。
しかしこの辺りだと露が降りてかなり湿っぽくなります。
昔、沖縄の砂浜でシュラフだけで寝た事ありますが全然湿っぽくならないんですよね〜あれは気持ちいい。

今回ブラーSLを履いているので近くのトレイルを探しに朝ラン!
一応地形図の道がある事前提で山に突入してみますが・・・
うん〜ここの道はどうも無さそうです。近くに一応道らしいものはありましたが藪化しているのと、これに突入すると1時間では済みそうもないので深入りはやめてロードランに切り替えました。それでも見知らぬ場所を時間もペースも気にせず気分次第で走るのはそれだけで十分楽しめます。

BIMG_0302.JPG

朝食は焚き火で調理です。と言ってもパンをトーストしてソーセージや卵焼いただけですが・・・
たまにはいいのです。

あとは帰るだけ

しかし電車の時間を間違え2時間近く待つ事に・・・

飯田線とはいえやっぱり電車は速いですね。あれだけ歩いた所もあっという間。
電車+歩き+キャンプでなかなか楽しめますね。
でも本当にやりたいのは自転車。これで行ける様になるのはいつになるやら・・・
posted by hiro at 22:00| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151438836

この記事へのトラックバック

2010年05月30日

3〜4日目

BIMG_0279.JPG

キャンプの朝はいつも早起き。まだ皆が動きだす前の静寂感が好きです。
ここのキャンプ場は広々していて非常に気持ちよいのです。
昨晩の焚き火に再び火を入れます。静かにコーヒータイム
以前来たのは10年以上前ですがその時も良かった印象があります。

本日は特に歩く予定はありません。近くのキャンプ場は移動するのみです。朝食摂ってすぐ横の天竜川で魚釣り。今回ルアーの道具一式持ってきています。天竜川との事ですが水がやけに綺麗。しかしこの水のほとんどは支流の大千瀬川のものみたいです。
道理で・・・
天竜川がこんなに綺麗なはずが無い
釣果は?


全く反応無し

11:38中部天竜から電車に乗って浦川へ移動
ここの浦川キャンプ場は駅からすぐ近くにあってキャンプ場が川の中州にあるのです。中州へは吊橋を渡っていきます。車は乗り入れできないのです。という事はオートキャンプ不可。キャンプ客はリアカーに荷物を載せて乗り込みます。
静かでシンプルにキャンプを楽しみたいバックパッカーにとっては、こんな設定の方が良いのです。
とは言えスペース狭めです。

テント設営してまずはお買物。昨日はかろうじてビールと少しの食材は入手できましたが基本的に満たされていません。色んな物から選びたいのです。キャンプ場と提携?しているスーパーへ。ここなら10%オフになります。
小さい町ですがスーパーには一通り揃っています。肉も魚もあります。
物があって選択の自由がある事は基本的に嬉しいのですが・・・
勝手なのですが山あいの町ならそれらしく絶対的に物が無い状態もちょっと期待してしまいます。刺身が普通に置いてあるのを見るとちょっと興ざめ。勝手です。すごく勝手なんですが山あいのスーパーならばそれらしくあって欲しい。とも思うのです。


 あとは何も予定無し。川はすぐ横なので魚釣りにお昼寝。夕方からは焚き火です。今回は全てのキャンプ場で焚き火OKでした。子供は本当の火を目の前にいじりたくて仕方ありません。家では薪ストーブで「火」は知っていますが基本的に触らせません。マッチ擦れる事と火を操れる事は全く違うからです。今回は大人が見ているからいいでしょう。
ちょっと火傷くらいして怖さをこういう時に知った方がいいのです。
昨今はIHに電子レンジが普通です。そのうちに火で調理する事知らなかったり、火を見た事無いなんて子供も出てくるかもしれません。
いい機会です。
質素な食事ですが火を見ながらなんて贅沢な時間です。

4日目

昔からずっとやりたかった事
焚き火の火を見ながら寝る事です。
実際やってみました。
シュラフは夏用で少し寒かったですが気持ちよかったですよ。
しかしこの辺りだと露が降りてかなり湿っぽくなります。
昔、沖縄の砂浜でシュラフだけで寝た事ありますが全然湿っぽくならないんですよね〜あれは気持ちいい。

今回ブラーSLを履いているので近くのトレイルを探しに朝ラン!
一応地形図の道がある事前提で山に突入してみますが・・・
うん〜ここの道はどうも無さそうです。近くに一応道らしいものはありましたが藪化しているのと、これに突入すると1時間では済みそうもないので深入りはやめてロードランに切り替えました。それでも見知らぬ場所を時間もペースも気にせず気分次第で走るのはそれだけで十分楽しめます。

BIMG_0302.JPG

朝食は焚き火で調理です。と言ってもパンをトーストしてソーセージや卵焼いただけですが・・・
たまにはいいのです。

あとは帰るだけ

しかし電車の時間を間違え2時間近く待つ事に・・・

飯田線とはいえやっぱり電車は速いですね。あれだけ歩いた所もあっという間。
電車+歩き+キャンプでなかなか楽しめますね。
でも本当にやりたいのは自転車。これで行ける様になるのはいつになるやら・・・
posted by hiro at 22:00| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151438836

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。