2010年02月15日

上高地スノーキャンプ

BIMG_9575.JPG

 やっと行く事ができました。子供連れて上高地でのスノーキャンプ。
2年前から計画していたのですが、天気が悪かったり、ちょうど行きたい時期に家族の誰かが調子悪かったりで、なかなか実行できないでいたのでした。この週末はなんとか天気は持ちそう!体調は?うん〜なんとか…で決行です。

毎度の事ですが朝が遅いです。8時には釜トンネルに居たかったのですが、実際は9:30到着9:43トンネル入り口発となりました。
ここに来るまで沢渡からタクシー使ったのですがトンネルまで2900円との事。しばらく待ってもらって身支度整え準備も完了!となった頃すぐ近くに日帰りに2人がいてここからの足を探す所でした。と…ドライバーが相乗りにすればいいよ!安くなるからと(強引?勝手に?)話をまとめてくれました。
そっかそうなればパーティの数で割る?頭割り?まあどちらにしても安くなるでしょと思って乗り込むと出発間際
「じゃ一組1700円ね」
「はい」
!?
あれ半分になるんじゃ?
相乗りってそういう事じゃないの?
まあ安くなったからいいか…
追及しないでおきましょう。

BIMG_9522.JPG最近の冬の上高地はすごい人出との事でしたが大した事ありませんでした。(出発が遅いのです)まあ雪は少ないですね。先週も徳沢は雨だったそうですしこの時期からかなり暖かいみたいです。そのせいか雪はがっちり固く締ってつぼ足でも全く沈みません。一応スノーシュー持ってきたのでアイゼン代わりに履いてみました。



今回の秘密兵器はこれ「そり」です。この平坦な上高地にそりを持ち込んで荷物はすべてこれで運ぶ計画です。食糧、防寒対策ばっちり物量作戦のためです。これは大正解。非常に楽でした。
最初は私の荷物だけでしたが全然余裕。妻の荷物を載せてもまだ行ける。しまいには子供も載せてあるきましたがこれも大丈夫。

BIMG_9542.JPG

体感的な負荷は

2本足で歩き{80L(25Kg?)} > そり{80L(25Kg?)60L(15Kg?)子供(20s)}

なので見た目程大変じゃないのです。
これで妻は完全に空荷になりました。体力的なバランスからすればこれくらいでいいのです。

結局天気はしっかりと晴れました。
月並みな写真ですがこんな感じ

BIMG_9513.JPG

真っ白な穂高が美しいです。

今宵のキャンプ地は?秘密。
某冬季トイレ近くです。冬の上高地の問題の一つとしてトイレ問題があります。ここは気を付けます。テント内でちょっと遅い昼食。暖かいテント内でビール飲んだら河童橋まで行くのも面倒になって…
そのままお昼寝 zzzz 

夜はもつ鍋です。大人だけならキムチ鍋にするところですがここは我慢。スノーキャンプは鍋に限りますね。お酒は赤ワインに梅酒。うん〜幸せ…

夜。どうやら私が一番寒かったみたいです。シュラフは-16℃仕様のものですがもう買って15年位経つのでしょうか?最近妻が新調したシュラフはモンベルですが明らかに差があります。シェルのしなやかさ、ロフトのボリューム感そして収納の大きさは半分位?
そろそろ更新かな〜

朝、朝食食べて河童橋〜ウエストン碑を回ってきます。
もう8時まわっているとは言え谷間の上高地。まだ日は射してきません。テントを出てすぐは元気だった子供もそのうちに
「手がジンジンする」
「足が痛い」
そりに載せてみたりなだめてみますがダメ
すぐ近くだからとグローブの替えは置いてきたのです。失敗しました。
河童橋では多くの人に囲まれて
「歩いて来たの?」
「かわいい!」
「何歳?」
なんて言われていますが愛想笑いもできません。超不機嫌。

BIMG_9651.JPG

帰りは梓川右岸を行きます。そのうちにやっと日が射してきました。お日様は偉大です。とたんにぽかぽかです。
これでやっと表情が緩んできました。
途中キツツキのドラミングが聞こえます。周りを見渡すと頭の上にアカゲラ!夢中で写真撮りました。そういえば今朝はドラミングで目覚めました。真近で見られてよかったです。

BIMG_9676.JPG

テントサイトではスコップ与えると夢中で雪を掘り始めました。これで機嫌回復。おやつという事でぜんざい食べて腹ごしらえして撤収。
帰りは夏の車道で帰ります。帝国ホテル前でタクシーに電話して13:30(2時間後)釜トンネルゲート前で予約しました。
休憩無しで時間通りに到着。

いいキャンプでした。こんな平坦な上高地ならばそりは有効です。かなり楽に荷物を運べます。物量作戦で何泊か腰を据えてのキャンプなんて楽しそうです。この形態でまたどこか行きたいですね。
posted by hiro at 23:16| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雪遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。

家族でスノーキャンプはいいですね〜
天気も良さそうで、生で見る穂高はさぞ美しかったのでは。

僕もずいぶん前に上高地でクロカンキャンプしたことありましたけど、
冬の夜の静けさがなんともいいんですよね〜

ウチもチビが大きくなったらスノーキャンプやりたいなぁ
Posted by ゆぅ at 2010年03月05日 13:09
ゆぅさん

すいませんレス遅くなりました!!!

そうですね天気は最高でした。冬は特に天気で印象が全く変わってしまいますからね〜

そうスノーキャンプの醍醐味って夜だと思うんですよ。凍てつく雪原の中でそこだけ暖かい。そこだけの柔らかな明かり。星の明るさ。夏とは全然違いますよね。
でもきっと以前行った時の暗くて狭い旧釜トン時代とはかなり様変わりしてますよ。坂巻温泉からの静かな国道はもうありません。

はい子供連れのスノーキャンプにはいいと思います。
物量作戦で快適に行きましょう
Posted by hiro at 2010年03月09日 06:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141270963

この記事へのトラックバック

2010年02月15日

上高地スノーキャンプ

BIMG_9575.JPG

 やっと行く事ができました。子供連れて上高地でのスノーキャンプ。
2年前から計画していたのですが、天気が悪かったり、ちょうど行きたい時期に家族の誰かが調子悪かったりで、なかなか実行できないでいたのでした。この週末はなんとか天気は持ちそう!体調は?うん〜なんとか…で決行です。

毎度の事ですが朝が遅いです。8時には釜トンネルに居たかったのですが、実際は9:30到着9:43トンネル入り口発となりました。
ここに来るまで沢渡からタクシー使ったのですがトンネルまで2900円との事。しばらく待ってもらって身支度整え準備も完了!となった頃すぐ近くに日帰りに2人がいてここからの足を探す所でした。と…ドライバーが相乗りにすればいいよ!安くなるからと(強引?勝手に?)話をまとめてくれました。
そっかそうなればパーティの数で割る?頭割り?まあどちらにしても安くなるでしょと思って乗り込むと出発間際
「じゃ一組1700円ね」
「はい」
!?
あれ半分になるんじゃ?
相乗りってそういう事じゃないの?
まあ安くなったからいいか…
追及しないでおきましょう。

BIMG_9522.JPG最近の冬の上高地はすごい人出との事でしたが大した事ありませんでした。(出発が遅いのです)まあ雪は少ないですね。先週も徳沢は雨だったそうですしこの時期からかなり暖かいみたいです。そのせいか雪はがっちり固く締ってつぼ足でも全く沈みません。一応スノーシュー持ってきたのでアイゼン代わりに履いてみました。



今回の秘密兵器はこれ「そり」です。この平坦な上高地にそりを持ち込んで荷物はすべてこれで運ぶ計画です。食糧、防寒対策ばっちり物量作戦のためです。これは大正解。非常に楽でした。
最初は私の荷物だけでしたが全然余裕。妻の荷物を載せてもまだ行ける。しまいには子供も載せてあるきましたがこれも大丈夫。

BIMG_9542.JPG

体感的な負荷は

2本足で歩き{80L(25Kg?)} > そり{80L(25Kg?)60L(15Kg?)子供(20s)}

なので見た目程大変じゃないのです。
これで妻は完全に空荷になりました。体力的なバランスからすればこれくらいでいいのです。

結局天気はしっかりと晴れました。
月並みな写真ですがこんな感じ

BIMG_9513.JPG

真っ白な穂高が美しいです。

今宵のキャンプ地は?秘密。
某冬季トイレ近くです。冬の上高地の問題の一つとしてトイレ問題があります。ここは気を付けます。テント内でちょっと遅い昼食。暖かいテント内でビール飲んだら河童橋まで行くのも面倒になって…
そのままお昼寝 zzzz 

夜はもつ鍋です。大人だけならキムチ鍋にするところですがここは我慢。スノーキャンプは鍋に限りますね。お酒は赤ワインに梅酒。うん〜幸せ…

夜。どうやら私が一番寒かったみたいです。シュラフは-16℃仕様のものですがもう買って15年位経つのでしょうか?最近妻が新調したシュラフはモンベルですが明らかに差があります。シェルのしなやかさ、ロフトのボリューム感そして収納の大きさは半分位?
そろそろ更新かな〜

朝、朝食食べて河童橋〜ウエストン碑を回ってきます。
もう8時まわっているとは言え谷間の上高地。まだ日は射してきません。テントを出てすぐは元気だった子供もそのうちに
「手がジンジンする」
「足が痛い」
そりに載せてみたりなだめてみますがダメ
すぐ近くだからとグローブの替えは置いてきたのです。失敗しました。
河童橋では多くの人に囲まれて
「歩いて来たの?」
「かわいい!」
「何歳?」
なんて言われていますが愛想笑いもできません。超不機嫌。

BIMG_9651.JPG

帰りは梓川右岸を行きます。そのうちにやっと日が射してきました。お日様は偉大です。とたんにぽかぽかです。
これでやっと表情が緩んできました。
途中キツツキのドラミングが聞こえます。周りを見渡すと頭の上にアカゲラ!夢中で写真撮りました。そういえば今朝はドラミングで目覚めました。真近で見られてよかったです。

BIMG_9676.JPG

テントサイトではスコップ与えると夢中で雪を掘り始めました。これで機嫌回復。おやつという事でぜんざい食べて腹ごしらえして撤収。
帰りは夏の車道で帰ります。帝国ホテル前でタクシーに電話して13:30(2時間後)釜トンネルゲート前で予約しました。
休憩無しで時間通りに到着。

いいキャンプでした。こんな平坦な上高地ならばそりは有効です。かなり楽に荷物を運べます。物量作戦で何泊か腰を据えてのキャンプなんて楽しそうです。この形態でまたどこか行きたいですね。
posted by hiro at 23:16| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雪遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。

家族でスノーキャンプはいいですね〜
天気も良さそうで、生で見る穂高はさぞ美しかったのでは。

僕もずいぶん前に上高地でクロカンキャンプしたことありましたけど、
冬の夜の静けさがなんともいいんですよね〜

ウチもチビが大きくなったらスノーキャンプやりたいなぁ
Posted by ゆぅ at 2010年03月05日 13:09
ゆぅさん

すいませんレス遅くなりました!!!

そうですね天気は最高でした。冬は特に天気で印象が全く変わってしまいますからね〜

そうスノーキャンプの醍醐味って夜だと思うんですよ。凍てつく雪原の中でそこだけ暖かい。そこだけの柔らかな明かり。星の明るさ。夏とは全然違いますよね。
でもきっと以前行った時の暗くて狭い旧釜トン時代とはかなり様変わりしてますよ。坂巻温泉からの静かな国道はもうありません。

はい子供連れのスノーキャンプにはいいと思います。
物量作戦で快適に行きましょう
Posted by hiro at 2010年03月09日 06:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141270963

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。