2009年08月19日

子連れで北八ッ

このお休みはとにかく山に入りっぱなしでした。
まず最初の山「北八」の事を書きましょうか。

この山行は子供と山に行ってキャンプしたい!で選びました。
コースは渋の湯〜黒百合ヒュッテ(泊)〜高見石小屋〜渋の湯です。
いきなりロープウェイや車でいきなり登ってしまうのではなく、適度に歩いて稜線のコースはなかなか無いのです。

一日目 2時間コース
二日目 3時間35分コース

のお気楽コースですね。
今回は急ぐ訳でも無くゆったりとした気持ちで挑みましたが…
やっぱり時間がかかりますね。
最初からそのつもりなのでイライラもしませんが、おおよそコースタイムの倍かかりましたよ。
一日目は4時間程かかりました。
虫を見つけては座り込み、キノコを見つけては一つ一つ指を差し。
疲れた〜と言えばおやつで誤魔化し…

いいです。いいです。ゆっくり行けば

そんな中見つけたテントウムシ

BIMGP2201.JPG

初めて見ましたこんな柄。
新種?

最初は天狗岳まで!と思っていましたがここで無理させる事もありません。
テン場でゆったりと過ごします。
私は当然 ビール!です。
そしてちょっとお昼寝。
いいですねこのテン場。平でどこでも張れます。

BIMGP2189.JPG

翌日。
風もあってガスもあります。
うん〜どうする?と思っていると?
出発直前に晴れ間。
高見石経由で帰る事としました。
BIMGP2199.JPG風があるのでポンチョを着せました。そして滑落防止用のロープ。
これはアドベンチャーレースの牽引用に作ったものですが、ショックコードが入っていて倍位まで伸びます。しかもクライミング用テープなので強度も十分。結構重宝しました。
岩の崖でなくても転がって10m位転がり落ちる様な斜面は山に行けばどこにでもあります。
用心用心。
高見石からの下り。賽の河原ですが5歳児には大変です。大岩が積み重なっていて難儀しました。
まあウチは目玉おやじが一つ二つと数えて誤魔化しましたがやっぱり長いですね。

縦走できるまでなんてまだまだ道は長そうですね〜。
posted by hiro at 00:09| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125991501

この記事へのトラックバック

2009年08月19日

子連れで北八ッ

このお休みはとにかく山に入りっぱなしでした。
まず最初の山「北八」の事を書きましょうか。

この山行は子供と山に行ってキャンプしたい!で選びました。
コースは渋の湯〜黒百合ヒュッテ(泊)〜高見石小屋〜渋の湯です。
いきなりロープウェイや車でいきなり登ってしまうのではなく、適度に歩いて稜線のコースはなかなか無いのです。

一日目 2時間コース
二日目 3時間35分コース

のお気楽コースですね。
今回は急ぐ訳でも無くゆったりとした気持ちで挑みましたが…
やっぱり時間がかかりますね。
最初からそのつもりなのでイライラもしませんが、おおよそコースタイムの倍かかりましたよ。
一日目は4時間程かかりました。
虫を見つけては座り込み、キノコを見つけては一つ一つ指を差し。
疲れた〜と言えばおやつで誤魔化し…

いいです。いいです。ゆっくり行けば

そんな中見つけたテントウムシ

BIMGP2201.JPG

初めて見ましたこんな柄。
新種?

最初は天狗岳まで!と思っていましたがここで無理させる事もありません。
テン場でゆったりと過ごします。
私は当然 ビール!です。
そしてちょっとお昼寝。
いいですねこのテン場。平でどこでも張れます。

BIMGP2189.JPG

翌日。
風もあってガスもあります。
うん〜どうする?と思っていると?
出発直前に晴れ間。
高見石経由で帰る事としました。
BIMGP2199.JPG風があるのでポンチョを着せました。そして滑落防止用のロープ。
これはアドベンチャーレースの牽引用に作ったものですが、ショックコードが入っていて倍位まで伸びます。しかもクライミング用テープなので強度も十分。結構重宝しました。
岩の崖でなくても転がって10m位転がり落ちる様な斜面は山に行けばどこにでもあります。
用心用心。
高見石からの下り。賽の河原ですが5歳児には大変です。大岩が積み重なっていて難儀しました。
まあウチは目玉おやじが一つ二つと数えて誤魔化しましたがやっぱり長いですね。

縦走できるまでなんてまだまだ道は長そうですね〜。
posted by hiro at 00:09| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125991501

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。