2009年02月11日

白馬乗鞍BCスキー



とりあえず地図を貼り付けておきます。

GPSのログでは無いのでルートは大体ですね。


BIMGP0767.JPG
今回、バックカントリースキーは白馬乗鞍近辺を滑りに行きました。
朝の天気は良かったのですが、午後は崩れるとの事だったので雪の状態を考えてベテラン二人がコース設定しました。

今日は私を含めて4人。
トレラン仲間のSimさんとバックカントリースキーベテランのT夫さんにK牧さん二人は白馬の名の付いた沢は皆滑っているような人達です。
雪の事も山の事もみんな把握しています。
その腕前はガイド以上。後で聞いた話ではT夫さんはかつてモーグルのオリンピック候補だったそうで・・・

本物です。

BIMGP0764.JPGスキー場最上部まで行って林道を登ります。3人はシールで私だけがスノーシュー。固い所はいいですがちょっと柔らかくなるともうだめです。MSR持って行けばよかったのですが軽さを重視してRUN用にしたのが失敗でした。ヒールリフターも付いていないし、潜るし、クランポンの効きも悪い。一人ラッセルになってしまったのです。
先頭交代無し
3人に遅れをとります。これでは滑る前に疲れてしまいます。

え〜と今日は何をしに来たんでしたっけ・・・・

ベテラン二人はどんどん行ってしまいます。
全然待ってなんてくれません。滑りきった沢の合流点で一緒になる感じなので全く別の所を滑っていても大丈夫。全員無線持っているのでいざという時も安心です。もっとも待たせていないので気分的には楽で良かったですが?

滑りはじめに一緒になった時、どんな滑りをするんだろと思っていても最初の1.2ターンだけ見られますが、後は斜面の下に落ちていくので見えません・・・(斜面が急すぎて下が見えない)
次に見えた時ははるか下。という事でほとんど滑る所は見られなかったのです。

BIMGP0772.JPG
この真ん中の沢を下ってきました。上部は壁!!

私は終始Simさんと一緒です。雪崩れに備えてペアは崩しません。
なんとか付いていきます。が私は完全にお荷物です。
いや〜でもSimさんの滑りはかっこ良かった!
トレランの時とも全然違います。
なんだか毎週通ってしまう気持ちがわかりました。
3時前にはスキー場に下ってきました。
私的にはお腹いっぱいです。
もっと鍛えねばなりません。

しかし冬にしっかりスキーをやってしまうと春からのレースにつながりません。悩ましいところです。

新しいシールを買いますか・・・
posted by hiro at 23:04| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雪遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2009年02月11日

白馬乗鞍BCスキー



とりあえず地図を貼り付けておきます。

GPSのログでは無いのでルートは大体ですね。


BIMGP0767.JPG
今回、バックカントリースキーは白馬乗鞍近辺を滑りに行きました。
朝の天気は良かったのですが、午後は崩れるとの事だったので雪の状態を考えてベテラン二人がコース設定しました。

今日は私を含めて4人。
トレラン仲間のSimさんとバックカントリースキーベテランのT夫さんにK牧さん二人は白馬の名の付いた沢は皆滑っているような人達です。
雪の事も山の事もみんな把握しています。
その腕前はガイド以上。後で聞いた話ではT夫さんはかつてモーグルのオリンピック候補だったそうで・・・

本物です。

BIMGP0764.JPGスキー場最上部まで行って林道を登ります。3人はシールで私だけがスノーシュー。固い所はいいですがちょっと柔らかくなるともうだめです。MSR持って行けばよかったのですが軽さを重視してRUN用にしたのが失敗でした。ヒールリフターも付いていないし、潜るし、クランポンの効きも悪い。一人ラッセルになってしまったのです。
先頭交代無し
3人に遅れをとります。これでは滑る前に疲れてしまいます。

え〜と今日は何をしに来たんでしたっけ・・・・

ベテラン二人はどんどん行ってしまいます。
全然待ってなんてくれません。滑りきった沢の合流点で一緒になる感じなので全く別の所を滑っていても大丈夫。全員無線持っているのでいざという時も安心です。もっとも待たせていないので気分的には楽で良かったですが?

滑りはじめに一緒になった時、どんな滑りをするんだろと思っていても最初の1.2ターンだけ見られますが、後は斜面の下に落ちていくので見えません・・・(斜面が急すぎて下が見えない)
次に見えた時ははるか下。という事でほとんど滑る所は見られなかったのです。

BIMGP0772.JPG
この真ん中の沢を下ってきました。上部は壁!!

私は終始Simさんと一緒です。雪崩れに備えてペアは崩しません。
なんとか付いていきます。が私は完全にお荷物です。
いや〜でもSimさんの滑りはかっこ良かった!
トレランの時とも全然違います。
なんだか毎週通ってしまう気持ちがわかりました。
3時前にはスキー場に下ってきました。
私的にはお腹いっぱいです。
もっと鍛えねばなりません。

しかし冬にしっかりスキーをやってしまうと春からのレースにつながりません。悩ましいところです。

新しいシールを買いますか・・・
posted by hiro at 23:04| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雪遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。