2012年05月29日

トレイルおいかけっこ



先日、安曇野の光城山へ登ったのですがそこでの走り。
これはお互いかなり楽しい。
このカウントされるのがたまらないらしい。「いち。にい・・・」となると即座に反応するのが面白い。
欠点は走りが1分しか持たない事。
カウントしないと走りださない。
これを克服すれば?
posted by hiro at 06:02| 長野 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

もう一年

 今日5月24日はあの忌まわしい出来事の日。もう一年が経ちました。
いや〜驚きました。まさか自分が死の一歩手前まで行くなんて・・・
私自身動物の一つでもあってやがては死ぬ。なんとなくそれは判っているけれどリアルに考えた事なんて無い。
でも一般的に死なんて突然やってくる。

今日もう少しで仕事終わるからとか

明日○○に電話しなきゃとか

週末□□と山に行く予定があるからとか

通帳とはんこはあそこに仕舞ってある。おしえておかなきゃとか

そういうもろもろの都合つける時間なんて無し。問答無用ばっさりと断ち切られてしまう。
ちょっと待って!なんて無い。
私なんてもう30分病院に入るのが遅かったらダメだったらしい。あの世界に半分位入っていたと思う。
もしそこで終わっていたら?
家族も仕事も皆どうなっていたんだろう。
恐ろしい。
でも日常生活の中で死ぬなんてまず考えないですよね。1時間後は必ずやってきてその予定はしっかりあって、24時間後も必ずやってきて明日の予定がある。当然一年後だってやってくる。
そう考えて皆が生活している。まさか明日が無いかも?なんて考える事なんて無い。
でも死ぬ時はバッサリと終わり。改めて考えてみるとそうだよな〜と
死期を予告されるケースは病気なんかではあるけれど普通は無い。
じゃあ、いつ死んでもいいように準備なんてする?
無理だよ無理!先の事皆考えるから明日が無いかも?なんて考えたら何もできない。
せいぜい自分が死んでも家族が困らないだけの保険を掛けておく事位かな。

こんな事に40歳過ぎて初めて気付いた。

驚いた。死ってこういう事なのね。

山に行く時は「死」はかなり近い。間違った行動があればやばい。
これはかなり理解しているのでこの場合は「死」をかなり意識している。
場合によっては「ある」
でもね〜日常生活ではやっぱり考えない。

まだまだやるべき事は沢山ある。まだ死ねない!
posted by hiro at 23:01| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

霧ヶ峰トレランツアー

IMGP5489B.JPG
肝心な所で書いていませんでした。

今年も(今年は?)やります。今年で6回目を迎える「霧ヶ峰トレイルランニングツアー」
これまでは「バスク」のサポート選手をナビゲーターとして迎えてきました。
皆さんご存知の間瀬ちがやに渡邉千春と豪華な講師。
今年は前回に引き続き鈴木博子(サロモン)
そして小川比登美を迎えています。先日行われたUTMFでは大活躍の二人です。
宿泊を伴うツアーですので食事の後はロングトレイル談義など聞けるかもしれません。
今年は少し遅めの開催なのでちょうどレンゲツツジが見頃だと思います。

新緑の高原へどうぞ!!

IMGP1767B.JPG


トレラン大国
http://www.trailrunning-ohkoku.jp/meeting/

ランネット、スポーツエントリーにも掲載されていますが申し込みはこちらIMGP1840B.JPG IMGP2498B.JPG


posted by hiro at 07:14| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

宿根木の街並み



この感じ好きです。

posted by hiro at 11:42| 長野 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

只今、直江津港



これから佐渡ヶ島。
しかし天気が・・・
雨よ早く上がってくれ〜
posted by hiro at 07:18| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

トレイルおいかけっこ



先日、安曇野の光城山へ登ったのですがそこでの走り。
これはお互いかなり楽しい。
このカウントされるのがたまらないらしい。「いち。にい・・・」となると即座に反応するのが面白い。
欠点は走りが1分しか持たない事。
カウントしないと走りださない。
これを克服すれば?
posted by hiro at 06:02| 長野 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

もう一年

 今日5月24日はあの忌まわしい出来事の日。もう一年が経ちました。
いや〜驚きました。まさか自分が死の一歩手前まで行くなんて・・・
私自身動物の一つでもあってやがては死ぬ。なんとなくそれは判っているけれどリアルに考えた事なんて無い。
でも一般的に死なんて突然やってくる。

今日もう少しで仕事終わるからとか

明日○○に電話しなきゃとか

週末□□と山に行く予定があるからとか

通帳とはんこはあそこに仕舞ってある。おしえておかなきゃとか

そういうもろもろの都合つける時間なんて無し。問答無用ばっさりと断ち切られてしまう。
ちょっと待って!なんて無い。
私なんてもう30分病院に入るのが遅かったらダメだったらしい。あの世界に半分位入っていたと思う。
もしそこで終わっていたら?
家族も仕事も皆どうなっていたんだろう。
恐ろしい。
でも日常生活の中で死ぬなんてまず考えないですよね。1時間後は必ずやってきてその予定はしっかりあって、24時間後も必ずやってきて明日の予定がある。当然一年後だってやってくる。
そう考えて皆が生活している。まさか明日が無いかも?なんて考える事なんて無い。
でも死ぬ時はバッサリと終わり。改めて考えてみるとそうだよな〜と
死期を予告されるケースは病気なんかではあるけれど普通は無い。
じゃあ、いつ死んでもいいように準備なんてする?
無理だよ無理!先の事皆考えるから明日が無いかも?なんて考えたら何もできない。
せいぜい自分が死んでも家族が困らないだけの保険を掛けておく事位かな。

こんな事に40歳過ぎて初めて気付いた。

驚いた。死ってこういう事なのね。

山に行く時は「死」はかなり近い。間違った行動があればやばい。
これはかなり理解しているのでこの場合は「死」をかなり意識している。
場合によっては「ある」
でもね〜日常生活ではやっぱり考えない。

まだまだやるべき事は沢山ある。まだ死ねない!
posted by hiro at 23:01| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

霧ヶ峰トレランツアー

IMGP5489B.JPG
肝心な所で書いていませんでした。

今年も(今年は?)やります。今年で6回目を迎える「霧ヶ峰トレイルランニングツアー」
これまでは「バスク」のサポート選手をナビゲーターとして迎えてきました。
皆さんご存知の間瀬ちがやに渡邉千春と豪華な講師。
今年は前回に引き続き鈴木博子(サロモン)
そして小川比登美を迎えています。先日行われたUTMFでは大活躍の二人です。
宿泊を伴うツアーですので食事の後はロングトレイル談義など聞けるかもしれません。
今年は少し遅めの開催なのでちょうどレンゲツツジが見頃だと思います。

新緑の高原へどうぞ!!

IMGP1767B.JPG


トレラン大国
http://www.trailrunning-ohkoku.jp/meeting/

ランネット、スポーツエントリーにも掲載されていますが申し込みはこちらIMGP1840B.JPG IMGP2498B.JPG


posted by hiro at 07:14| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

宿根木の街並み



この感じ好きです。

posted by hiro at 11:42| 長野 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

只今、直江津港



これから佐渡ヶ島。
しかし天気が・・・
雨よ早く上がってくれ〜
posted by hiro at 07:18| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。