2011年04月25日

トレイルランナーにできる事

 まだまだ、地震関連のニュースは現在進行形で毎日報道されています。事があまりに大きすぎて本当の区切りというのはまだまだ時間がかかります。長いスパンで意識を向ける事、継続的な援助が求められていると思います。

 そんな影響で春のスポーツイベントは軒並み中止、延期となっています。春の予定はがら空きになって、充たされない思いのランナーも多いと思います。そこで、こんなイベントの情報をもらいました。

「武田の森 RUN&WALK」

山梨県の「エルク」主催です。

走る(歩く)距離によってエイド料金を払っていき、
これが義援金として被災地に届けられるというチャリティイベントです。

 有名どころでは石川氏はもちろんとして相馬、山本(以上、山岳耐久レース覇者)加藤(ハセツネ30K覇者)などの参加も予定されているとか?
普段トレランイベント=レースなんてイメージがありますが、こんなゆったりイベントも良いと思います。
走る事が義援金になっていく!
トレイルランナーにできる事。
走る事への動機付けにどうですか?
*これはレースではありません勘違い無き様。

その日私はしっかりと仕事・・・
posted by hiro at 11:57| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

節目

 もうすぐ一ヶ月経とうとしていますが、未だ先行きの見通せない地震の影響。
直接的な被害は無くとも、なんだかずっと心が晴れない毎日です。

被災地の皆さんには申し訳無いですが、いつもと変わらない毎日を過ごしています。

そんな中我家では今年は節目の年です。子供が小学生となりました。
心配な事は沢山ありますが、何不自由無く学校へ行ける事のありがたさをかみしめています。
数十年前私も通った学校です。当時はこんな時が来るなんて想像した事ありませんでしたが、またこの学校へ来る事となりました。かなり建物は変わりましたね。玄関回りはかつての面影はもうありませんが、やはり懐かしいですね。父母も沢山来ていましたが、当時の同級生、先輩後輩の顔も見えます。
これからしばらくのお付き合いとなります。
うちの子供だけが学区外の保育園に通っていたため、顔を知っている人はほとんどいません。
その点が少し心配ですが、子供ですからすぐに慣れるでしょう。

ちょっと緊張…
BIMG_2442.JPG

そんな中一番印象的だったのがこれ。
BIMG_2456.JPG
昔の校舎の版画です。昭和53年に作ったとあります。
私が小学校へ入学した時はすべてが木造校舎でした。それから少しずつ鉄筋コンクリート造に建て替えられていきました。当時、この版画にある職員室棟を解体する時にグランドに座って皆で見た覚えがあります。この風景は結構リアルに覚えていますね。
私が卒業する時には教室棟がすべて完成していたのかな?
それは当時のままです。
図書館はぜひのぞいてみたいのです。
私がすきだった本がまだあるのか??
いくらなんでももう無いか?
その時にフラッシュバックしてみたいです。
posted by hiro at 23:42| 長野 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

トレイルランナーにできる事

 まだまだ、地震関連のニュースは現在進行形で毎日報道されています。事があまりに大きすぎて本当の区切りというのはまだまだ時間がかかります。長いスパンで意識を向ける事、継続的な援助が求められていると思います。

 そんな影響で春のスポーツイベントは軒並み中止、延期となっています。春の予定はがら空きになって、充たされない思いのランナーも多いと思います。そこで、こんなイベントの情報をもらいました。

「武田の森 RUN&WALK」

山梨県の「エルク」主催です。

走る(歩く)距離によってエイド料金を払っていき、
これが義援金として被災地に届けられるというチャリティイベントです。

 有名どころでは石川氏はもちろんとして相馬、山本(以上、山岳耐久レース覇者)加藤(ハセツネ30K覇者)などの参加も予定されているとか?
普段トレランイベント=レースなんてイメージがありますが、こんなゆったりイベントも良いと思います。
走る事が義援金になっていく!
トレイルランナーにできる事。
走る事への動機付けにどうですか?
*これはレースではありません勘違い無き様。

その日私はしっかりと仕事・・・
posted by hiro at 11:57| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

節目

 もうすぐ一ヶ月経とうとしていますが、未だ先行きの見通せない地震の影響。
直接的な被害は無くとも、なんだかずっと心が晴れない毎日です。

被災地の皆さんには申し訳無いですが、いつもと変わらない毎日を過ごしています。

そんな中我家では今年は節目の年です。子供が小学生となりました。
心配な事は沢山ありますが、何不自由無く学校へ行ける事のありがたさをかみしめています。
数十年前私も通った学校です。当時はこんな時が来るなんて想像した事ありませんでしたが、またこの学校へ来る事となりました。かなり建物は変わりましたね。玄関回りはかつての面影はもうありませんが、やはり懐かしいですね。父母も沢山来ていましたが、当時の同級生、先輩後輩の顔も見えます。
これからしばらくのお付き合いとなります。
うちの子供だけが学区外の保育園に通っていたため、顔を知っている人はほとんどいません。
その点が少し心配ですが、子供ですからすぐに慣れるでしょう。

ちょっと緊張…
BIMG_2442.JPG

そんな中一番印象的だったのがこれ。
BIMG_2456.JPG
昔の校舎の版画です。昭和53年に作ったとあります。
私が小学校へ入学した時はすべてが木造校舎でした。それから少しずつ鉄筋コンクリート造に建て替えられていきました。当時、この版画にある職員室棟を解体する時にグランドに座って皆で見た覚えがあります。この風景は結構リアルに覚えていますね。
私が卒業する時には教室棟がすべて完成していたのかな?
それは当時のままです。
図書館はぜひのぞいてみたいのです。
私がすきだった本がまだあるのか??
いくらなんでももう無いか?
その時にフラッシュバックしてみたいです。
posted by hiro at 23:42| 長野 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。